({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 恥狼と妖羊 [ドラゴンフライ]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
恥狼と妖羊 [ドラゴンフライ]
販売日 2005年12月13日
年齢指定
作品形式
ジャンル

作品内容

「——早くこの水をオオカミに届けなければ——」
子ヒツジのルウは、帰り道を急いだ。

——その日、初めて牧場の外に出たルウは、いつの間にやら遠く外れた場所にある山小屋に迷い込んでいた。
好奇心の旺盛なルウが、その山小屋をおそるおそる覗いてみると、なにやら獣が一匹潜んでいることがわかった。
しかも、どうやらその獣は傷を負っているようだ。
心の優しいルウは、思わず声をかけた。

「あ、あのう……、だ、大丈夫ですか……?」

すると、その獣が低い声で答えた。

「……だ、誰だ、お前は……?」

「わたしはヒツジの子供でルウっていいます……、あ、あなたは……?」

「子ヒツジ!? ……そ、そうか、俺はオオカミなんだが、傷を負って動けないんだ。……そうだな、近くの小川で水を汲んできてくれないか?」

オオカミは、ルウの「子ヒツジ」という言葉に少し驚いた様子を見せながらも、苦しげな声で頼み込んだ。

「あ、は、はい! わかりました、ちょっと待っててくださいね!」

悲しいかな、まだ子ヒツジのルウにはオオカミの怖さなど知る由もない。
元気よく答えると、外に飛び出していた。

作品情報/動作環境

ファイル容量
165.8MB
その他
収録時間:11分
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0003052D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン