• ぼくと書店のおねえさん [紺色ドロップス]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
ぼくと書店のおねえさん [紺色ドロップス]
サークル名 紺色ドロップス
販売日 2021年01月28日
作者 森島コン
年齢指定
作品形式
ファイル形式
イベント エアコミケ2
ジャンル
ファイル容量
45.47MB

作品内容

地元の小さな書店で働くお姉さんとそこに毎月通いつめるちょっと寡黙な少年、陽人(はると)。
ある日突然書店が閉店することを聞かされる。
ショックで涙ぐむ陽人を元気付けようと、お姉さんから今回だけの特別サービスが…。


『エアコミケ2』発行
オリジナルおねショタものです。

フェラ・乳首責め・アナル舐め・ちんぐり返しなど
基本的にお姉さん側が攻めるプレイが多めです。


漫画27ページ+表紙等7ページ

紺色ドロップス/森島コン
https://twitter.com/kon_004

登場人物紹介

ぼくと書店のおねえさん [紺色ドロップス]

サークル作品一覧

作品をもっと見る

販売作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

最近チェックした作品

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

おねショタ(3) おっぱい(2) お姉さん(2) 逆転無し(2) 男性受け(2) 童貞(2)

レビュー数 : 3件

ピックアップ

2021年01月31日   人気レビュアー:1位 購入済み

レビュアーオススメ!

個人的な感覚かもしれませんが、すごくハラハラドキドキ感がありました。
いえ、お姉さんが恐い、ヒステリックな態度で迫って来ると言う意味ではありません。
むしろ、優しく包容力があって眼鏡の似合う美人さんです。
「書店の間取り」が恐いんです。
商店街にあるような、お世辞にも広くない空間に本棚が所狭しと並ぶ庶民的な店です。
通りに面した入り口から大体の商品ラインナップは把握できてしまいそうな、ともすれば中に入らなくても歩道を歩きながら横目で見るだけでも雰囲気が分かりそうな素朴な店構えです。
閉店が間近に迫るほどには閑古鳥が鳴いています。
その奥の従業員部屋、とかではなく普通に本が平積みしてある島と本棚の間で逢瀬を始めてしまうのが本作です。
お姉さん上着まくっておっぱい出してるけど大丈夫か?と心配になるのはもちろんのこと、彼女の乳首責めが効果抜群でどう見ても少年が良い声で鳴いているように見えます。
挙句の果てには、そのまま同じ場所で下半身を脱ぎ捨て、女性上位な体位でのぱん!ぱん!ピストンまで始めてしまいます。
客足が遠のいているとはいえ、一発で見つかる位置としか思えません。
いや、なんなら少年の上気した嬌声か、お姉さんの艶っぽいを息遣いを訝しんだ通行人が覗きに来ちゃう可能性すら考えられます。
でも、そんなことお構いないしでお姉さんはちんぐり返し騎乗位をキめて乳首を責める、静かな書店の熱い熱いおねショタでした。

4人 が役に立ったと答えています 報告する ]

2021年02月10日   人気レビュアー:Best1000 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

森島コンさんによるおねショタ作品です。

森島コンが描かれるおねショタというだけあって、安定感抜群です。
包容力あるお姉さんと少年のえっちということで、シコリティ抜群でした。
お姉さんのおちんちんを飲み込むようなフェラチオはマジで最高です、口の中で溶けそうな感じを上手にかけていてヤバかったです。
なんというか、おちんちんをシゴくというよりも中で包んでとろけさせる描き方が本当に刺さります...

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

2021年02月06日   人気レビュアー:Best700 購入済み

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン