• 私たち子作りするために生まれてきました [テングサ]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
私たち子作りするために生まれてきました [テングサ]
サークル名 テングサ
販売日 2020年10月26日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ジャンル
ファイル容量
199.27MB

作品内容

『孕み巫女』の家系に生まれた双子の女の子たち♪生まれてからずっと子作り教育を受けてセックス大好きになっちゃいました♪念願の『自分たちのお父様』を手に入れた彼女たちは『お精子』を求めてセックス三昧の日々が始まります♪

・C98(エアコミケ)合わせて制作したミニ系創作漫画です。
 カラー:表紙+裏表紙 2ページ
 モノクロ本文:32ページ

サークル作品一覧

作品をもっと見る

販売作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

最近チェックした作品

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

妊娠/孕ませ(4) 貧乳/微乳(4) ロリ(4) 日常/生活(3) ぼて腹/妊婦(3) 中出し(3) 少女(2) ツルペタ(2)

レビュー数 : 4件

2020年10月28日   人気レビュアー:Best400 購入済み

レビュアーオススメ!

最初に強調しておきます。
ロリビッチではないです。
ここは強調するべきポイントです。

キーワードとなるのは伝統と血統です。
血統による伝統と儀式、孕むための教育。
少女たちはそれらを疑うことなく、崇高なものとしているわけです。
男の性を搾り取るあらゆる技と言動は『それが正しい行い』であり、崇高な義務であり、生活の一部として教え込まれているわけです。

狂気の極みともいえる風習ですが、それ以外は普通の○学生と変わりない子○たちの日常風景。
この二面性のある描写が素晴らしい。
とうさまと呼ばれながら、娘のような少女ふたりを孕ませる背徳。
その中で、年相応のやきもちや生活感を見せるギャップ。
昼間の日常とセックスの狂気。この対比が興奮をさらに高めてくれます。

女の子ふたりの義務子作りックス中の淫奔ぶりは当然のことながら、片方が孕んだ後の生活風景がまたいい。
快楽目的ではない、子作りを目的として教え込まれている少女ふたりのある種のドライさが印象的です。

中出し後の三つ指付けた「ありがとうございました」が素晴らしく興奮しました。

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

2020年11月17日   購入済み

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

レビュアーオススメ!

あくまでその地域の風習として双子が子作りする話です.

その風習として幼い時から教育されているので双子たちは子作りを当たり前のこととして受け入れており,むしろ積極的で興味津々です.主人公を喜ばせるためにあの手この手で迫ってきます.

一方,彼女たちは普通の少女の側面もあり,夏休みの宿題を一緒にやったりゲームをしたりと日常的な生活も感じることができ,そのギャップも味わえます.


ただ,個人的には,文字が小さくて見えにくいのが気になりました.


結論を言うと,少女たちとHで幸せな日常を過ごしましょうという作品です.読了後もさっぱりした印象なので,気軽に読めますし良い作品だと思います.

報告する ]

2020年10月30日   人気レビュアー:Best500

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン