• 【淫語ボカロ/ロック】「ふしだらな天使たち」付録「感じるDTM講座/木下桜子・著」宗教団体真メグデス [宗教団体真メグデス]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
【淫語ボカロ/ロック】「ふしだらな天使たち」付録「感じるDTM講座/木下桜子・著」宗教団体真メグデス [宗教団体真メグデス]
サークル名 宗教団体真メグデス
販売日 2019年09月19日
シリーズ名 【淫語ボカロ】宗教団体真メグデス
音楽 ミッキー・ハット(ベース) / 木下桜子(キーボード) / ジャイアント・シュナイダー(ギター)
年齢指定
作品形式
ファイル形式
MP3
ジャンル
ファイル容量
130.53MB

作品内容

彷徨える堕天使ミク・ハツ○・ロンバート加入!淫語ボカロの覇王、宗教団体真メグデスのセカンドアルバム。メタル・ジャズ・テクノ、あらゆる音楽ジャンルを飲み込んだ最強の淫語アルバム。
SF的な世界観でセクサロイドと人間の未来を歌った壮大な抒情詩「セクサロイド~人が人を求めない世界」、レッド・ツェッペリン的な70年代のヴァイブレーションとミクの淫乱ボイスが錯綜する「オナホラブ」、ディープ・パープルを彷彿とさせる「ハイウェイ・シスター」、ラウドネスな「S.E.X」など、聴き応えのある曲満載!

リード・ボーカロ○ド:
初○ミク、GUMI

ゲスト:
IA、がくっぽいど

【「ふしだらな天使たち」DLsite版のここが凄い!】
・なんと、メグデスを率いる”天才”木下桜子、入魂執筆(25ページ!)の「感じるDTM講座」を封入。ピアノロールでの解説だから楽譜が読めなくても安心!血気盛んなDTMerの創作意欲を大いに刺激してくれるんじゃないかしら。(超感覚的過ぎてよくわからない内容、中級者以上向け)
・さらに「ピアノでメグデスの曲を弾いてみたい」という奇特な方向けに、メグデスの名曲「クレオパトラのセックス」(ピアノ・インスト)と、本アルバムのテーマ曲でもある「ふしだらな天使たち」(ピアノ・インスト)の楽譜も封入。

SIN-MEGDEATH is Greatest Japanese SEX ROCK band in Hentai Japan.That sound is very beautiful and sexy.
Bassist-Mickey Hat is Heavy metal player but Her play is affected jazz player,and her approach is different from typical metal player. Her play is rismic and melodic,likes to Geezer Butler.
"HIGHWAY SISTER" is respect song for DEEP PURPLE.
"Docking"is very beautifu master piece.that sound is pop and soulful.seems like to Prince.
Guiteris-Giant Schneider is great solist likes Michael Schenker.His play on "Sexaloid"is very Melodic.
Vocalists are Hatsu*e Miku,GUMI.

【淫語ボカロ/ロック】セクサロイド~人が人を求めない世界

1. セクサロイド~人が人を求めない世界
これはもう、バンドの叡智を全て結集させた曲ね。エレキギターもストリングスも、テクノっぽい音も、壮大なコーラスも全部入ってる。QUEENだってここまでやんないでしょうってぐらいね!ミックスが難しかったわ。パーツが多すぎて、どうすりゃいいんだって感じで。中間部のジャイアントのギターソロとサクラコのストリングスのコンビネーションがすっごくビューティフル。ロック史上に残る名演だと思うわ。
歌詞は、ジャイアントが書いたんだけど、少しセンチメンタルな世界なのよね。ダッチワイフが人類を駆逐していくっていう。経済も、そして人の心までも奪っていくっていうさ。でも、それがアンタ達の求めてる世界だったりしない?

2. セクサロイド~人が人を求めない世界 クラシック・バージョン
この曲、ストリングスだとかピアノだとか、物凄くアンサンブルが緻密に組んであるんだけど、ドラムやベース入ってると、リズムに押されてハーモニーの美しさが消されてる感じがして。だから、ドラムやベース、ギター抜きのバージョンのミックスも作ったの。凄く綺麗な音ね。サクラコのアンサンブルのテクニックがわかりやすく収められてると思う。DTM講座では、サクラコがこの曲を元に講義してる。感覚的で全くよくわかんないけど。

3. クレオパトラのセックス(ピアノ・インスト)
これはジャズね。バド・パウエルっていう、サクラコや私が大好きなピアニストがいるんだけど。そのオマージュね。ジャズに興味もってるDTMerって多いんだけど「スウィング」をどうやるかわかんない人多いと思うの。坂本龍一も知らないと思う。楽譜を付録でつけておいたから参考にしてみてね。「こういうジャズっぽいベースってどうやって弾いてんの?」って疑問に思うDTMerも多いと思うんだけど、別にムズカシイ理論をこねまわしてるわけじゃなくて(というより、理論化できない)、小節をコード単位じゃなくて、1音単位で聴いて、ギリギリの響きを狙っていくのよ。「メロディ」っていうのは「ルート音」との組み合わせで響きが変わるんだけど「これが一番響くだろう!えいや!」って感じで。だから、リード楽器がやろうとしていることを予測しながら組み立てるつーさ。「阿吽の呼吸」ってヤツよね。「こうきたら、こうくるだろう」ってわかるじゃん。セックスみたいなもん。こうきたら咥えてほしいんだな、こうきたら足を広げてほしいんだなとか、あるじゃん。まあ、打ち込みの場合は、じっくり練り直せばいいんだけど、感覚としてはそんな感じ。

4. オーディン(テクノ・インスト)
ライディーンみたいな曲ね。ライディーンって、パッと聴いた感じ、そんな難しい曲じゃないように聴こえるんだけど、あの独特のスピード感をどう出してるのか、謎な部分があってさ。色々研究して書いた曲。Bメロが凄く綺麗ね。

5. 宗教団体真メグデスのテーマ(テクノ・インスト)
サクラコに「セクキャバみたいな曲書いてよ」って言ったら、これ持ってきた。サクラコの脳内ではセクキャバっていうのはこういう場所らしい。

6. ふしだらな天使たち(ピアノ・インスト)
スウィングしてないけど、これもジャズね。少なくとも、バンド編成はジャズ。アドリブは一切入ってないけど。ドキっとするような物凄くロマンチックな曲よ。アルバムのテーマ曲なの。
ミシェル・ペトルチアーニっていう「フランス最高のジャズ・ピアニスト」って呼ばれる人がいるんだけど。ジャズなんだけど、音がブルースじゃなくて、クラシックっぽいのよね。そのライブ盤がすっごく良くて感動してさ。こういうのやりたい!って。ピアノが綺麗だけど、この曲の肝は私のベースつーか、リズム隊なの!ピアノの響きを最大限に活かすように、シンバルやスネアを配置して、ドラマを作ってるつーか。ちょっと背徳感ある響きが気にいってる。
今回のアルバムはインストが多いけどさ。メグデスってちんぽやマンコばっかり叫んでるんだけど、歌詞だけじゃなくて「音の響き」で「エロさ、セクシーさ」をあれこれ追求してるバンドなの。それを伝えたくて、今回はちょっとインスト多くしてみたわ。

7. エンジェルボイス~天使が喘ぐ部屋
高速ランニングベースの曲。イントロがメジャーとマイナーが入り混じっていて、すっごくプログレッシブなの。「あなたのためだったらなんでもしちゃうよ」っていう、女の子のピュアな感情を歌った曲。まあ、メグデスはよくあるパターンの歌詞ね。

8. オナホラブ
「電脳世界へようこそ!」って感じ。PC内の美少女に恋をして、電子世界に取り込まれてしまうっていう。ミクタソのセクシーな魅力フルスロットルな曲。そう、ブレスってこうやって使うのよ。知ってた?ボカロユーザーなら真似したくなるんじゃないかしら。レッドツェッペリンの曲を聴いて思いついたアイディアなんだけどさ。若い子は知らないかしらね。

9. S.E.X
超攻撃的なハイスピードメタル!とにかく速い。ベースもどうやって合わせようか迷ったわ。デスメタル系統のメタルベーシスト、メタルDTMerって、ただ速く弾くだけの人が多いんだけど、私はIQ127の頭脳派ベーシストであることをウリにしてるからさ。ちょっとフックをつけたかったのよね。Bメロはジャイアントが一生懸命両手タッピングやってる。聴こえないけど。

10. ハイウェイ・シスター
もうイケイケって感じ、オルガン・ロック最高!って曲。サクラコがジョン・ロードのファンだからさ。凄いソロ弾いてるわ。弾いてるつーか、打ち込んでる。日本のディープ・パープルのファンは、ほとんどがリッチーのファンかなと思うけど、やっぱ、ジョンのオルガンが重要なのよ。

11. まぐわえ!ザーメンマン
アルバム制作が終わって冷静に聴いてみると、この曲が一番デキがいいのかしらね。思った以上に良くなったつーか。かなり小技を効かせたリズム展開。ちょっと普通にはないリズムだから、ビックリする人もいるんじゃないかな。アップテンポってわけじゃないけど、スピード感があって小気味よい感じで刻んでる。あちょー!って感じ

12. Welcome to my jungle
ガンズ・アンド・ローゼスみたいな曲ね。メインパートはリフ2つしかないの(笑)。かなり深いグルーヴでさ。ロックって感じなの。YOUTUBEに発表したらツイッターで炎上してフェミに集中砲火を受けて動画消されちゃっていうさ。まさに、ロックンロール。メグデスの歴史の中で重要な曲ね。

13. ヘブン・サック・トゥナイト
みんなが大好きなイングヴェイみたいな曲。フリーセックスの国スウェーデンらしい、北欧的で透明感があってキャッチーでポップで、凄く綺麗な曲よ。ギターソロどうすんだってジャイアントが困ってた。まあ、これでいいんじゃない?

14. 愛、届いてますよ ~ ドッキング
謎めいた曲だから理解に苦しむかもだけど、曲の骨格はプリンスみたいなソウルフルなバラードなの。教会のゴスペルみたいなコーラスがあって、あとは「おお、ベイベー、愛してるぜ、イエーイ」みたいな。でも、ジャイアントがギター入れて、サクラコがキーボード入れたら、なんかドリーム・シアターみたいになった。ええ、そんなに展開するの??つーか。結果としては、凄く壮大で、宇宙船の中でセックスするときに流す曲としてパーフェクトな曲になった。気に入ってる。

同一シリーズ作品

サークル作品一覧

作品をもっと見る

販売作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

2020年02月28日   人気レビュアー:Best1000 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン