DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
({{ product.review_count }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2019年03月15日
シリーズ名ばるはらばるきりーずの軌跡
年齢指定
作品形式
CG・イラスト
/ 音声データつきCG集
ファイル形式
JPEG
/ PNG / MP3
その他
ジャンル
ファイル容量
総計 1.89GB

作品内容

「ばるはらばるきりーず」に登場する「ばるきりー」達のイラストやボイス、シナリオを収録したメモリアルパック第2弾! 
2013年~2014年に開催された全イベントを収録!

■■■ばるはらばるきりーずの軌跡 Vol.2■■■

フォルダ構成
・Event_2013_Character
 2013年開催のイベントで実装されたばるきりーのイラストとヴォイスが収録されています。

・Event_2014_Character
 2014年開催のイベントで実装されたばるきりーのイラストとヴォイスが収録されています。

・omake
 イベントで実装されたバナーやTOP画像が収録されています。


※本コンテンツは個人的に楽しむことを目的としています。

本コンテンツの全部または一部を、有償無償を問わず、無断で複製、
上演・演奏、上映、公衆送信、口述、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳・翻案、
二次利用することを禁止します。

同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

ばるばる大図鑑その2

2019年03月16日   購入済み

レビュアーオススメ!

「にじよめ」にて配信されていた人気ゲームのCG集第2弾です。

今回は初年度の2013年~2014年の間に使用されたキャラクターCGが収録されています。
今回のおまけ要素は2年間で使用されたイベントのバナーとトップ画像。画像のみで残念ですが、2年間でこれだけイベントがあったのか、と驚かされます。
そしてさらに驚かされるのが、その容量約2GB!
高画質のCGとボイスが約400キャラ以上あればそうもなります。今回からボイス付きレアリティ「SR」以上のキャラばかりになりますから、それも納得。とにかく大ボリュームです。

一つ問題があるとすると、とにかくキャラクターが膨大だったこの「ばるばる」。
収録されているキャラクターのレアリティ、属性などがもうちょっと詳しく分けられていてもよかったかな、と思います。収録キャラクターが名称順並びになっているので、当時レアリティや属性、強さなどでソートできた分、順不同になっているのに多少なりとも違和感を感じます。

余談ですが、このゲームの目玉だった主なイベント、「契約」、「異界」、「べるせるく」はそれぞれ特徴がありました。「運」、「プレイヤー体力」、「カードの強さ」を主に競わせるイベントで、イベントテーマに沿った報酬カードが手に入りました。
収録されているキャラクター名に[〇〇]と付いているのはそういったイベントに登場したことになります。
どんなイベントだったかは、おまけを参照してみましょう。

  [報告する] 2人 が役に立ったと答えています

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。