DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
({{ product.review_count }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2019年03月02日
作家 kosakai
シナリオ kosakai
イラスト kosakai
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
225.15MB

作品内容

あらすじ


念願の彼女を手に入れた僕(天城悠太)は憧れのマドンナであった
水泳部部長 佐倉絢香と付き合うようになった。とはいうものの
彼女は何を考えているのかわからず僕に冷たい態度をとり、キスや
セックスはおろか手すら握らせてくれない。そして僕は童貞を捨てることにとても焦るようになっていった。
 そんなある日、僕は就活のボランティアで妊婦同士が悩みを打ち明けたりバレェや水泳など
のスポーツで健康を養うサークル「あすなろ会」で雑用をするようになった。
そこで偶然にも絢香の母親と遭遇した。
彼女とそっくりな容姿でありながら母性むき出しでやさしてくる絢香の母に
次第に僕は惹かれていくのであった・・・。


人物紹介


天城悠太・・・大学生。付き合っている彼女絢香の母のポイントを稼ぐため
       あすなろ会のボランティアをはじめる。絢香との関係は全くうまくいっておらず
       手すらつなげてすらいない。

佐倉小春・・・37歳の妊娠中専業主婦。中高一貫の女子校で育ったのち18でお見合い婚。
       恋愛経験がないまま母親になった。夫のことはとても愛しているが
       男性経験がほぼないため、悠太の情熱的なアタックに心が揺らいで
       しまう。


氷室玲香・・・あすなろ会の現代表者で38歳の妊娠中主婦。自宅でバレエ教室を経営している。
       小春の娘絢香と同じくらいの娘がいる経産婦。初産を控えた会員たちから信頼を寄せられている。
       夫との関係は極めて良好であるが、母体を気遣われてセックスレスになっていることに
       不満を持っている。



基本CG:14枚
差分+文字のみイラスト込み:102枚
おまけ:29枚

※注意
出産描写がございます

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

人妻(2) ぼて腹/妊婦(2) 水着(2) レオタード(2) 出産(2)
極上美人妊婦2人と…

2019年03月05日   購入済み

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

  [報告する] 2人 が役に立ったと答えています

特化された作品

2019年03月03日   購入済み

レビュアーオススメ!

ボテ腹に特化された作品。ヒロインは最初から妊娠しています。寝取りから出産までの日々を描いた作品で、その点では孕ませの過程が無い、意外と珍しい作品といえます。設定上存在する主人公の彼女は一つも出てこないので、彼女とのプレイを期待する方、親子丼が好きな方には残念な話となりますが、水着、スク水、レオタードなどの体の線が出やすい衣装やシチュエーション、膨らんだお腹の丸さを表すための彩色でボテ腹のみを楽しみたい人に向けられて作られたことが如実に示されている、いわゆる一点突破を目指した作品と言えるでしょう。読む人は選ばれる、でも選んだ人は後悔しない、そんな珠玉の一本です。

  [報告する] 1人 が役に立ったと答えています

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。