DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
({{ product.review_count }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2019年02月10日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
85.79MB

作品内容

オリジナルイラスト(原画)37枚
差分含む合計ページ数 111頁


男子が女の子にくすぐられたり、裸にされて調教されるF/M本です。
くすぐりがメインですが、他にも電気あんま・CFNM・包茎いじめ・おしり叩き・射精がまんなど、恥ずかしいお仕置きが多数。
女の子にコチョコチョされたり、屈辱的なお仕置きを受ける男子のイラスト小説です。


【あらすじ】

天才女子(発明家)の美澄ちゃんは、女子にしか起動できないお仕置きロボを開発しました。
これにより男女の立場は完全に逆転。男子は腕力(パワー)で女の子に勝つことができなくなります。
男子は女の子に逆らうことができず、服従するしかありません。

以下の3つの内容を含みます。

1)成績の悪いお兄ちゃんが、妹の美澄ちゃんにくすぐられて調教されたり、さまざまなマシンで躾けられる話
2)不良の男の子2人がカツアゲしているところを捕まり、女の子たちにくすぐられて屈服する話。
3)女の子による屈辱的な男子のくすぐり調教の方法をイラスト付きで3つ紹介



【フェチの内容】

全編くすぐりメイン
(脇の下・脇腹・足の裏・おしり・おち〇ちん・金○・etc)

他のフェチの内容としては、

・電気あんま
・羞恥ポーズの強要
・金蹴り
・ち〇ちん叩き
・強制おち〇ちんダンス
 (ゾウさんダンス)
・おしり叩き
・CFNM
・脱がし/カイボウ
・包茎の皮伸ばし
・おち〇ちん写メ
・ち〇ちんサイズ測定
・落書き
・競泳水着くすぐり
・射精がまん


などの内容とイラストを含みます。

女子の男の子への羞恥・屈辱・惨め・無様なお仕置きや罰の描写がメインです。
また全編をとおして、女性が男性をいじめる作品です。本作で逆転はありません。
(最後まで女性優位のF/Mです)

※ セックスのシーンはありません

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 2件

羞恥心

2019年03月05日   購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

くすぐり好きな方というのは結構いるような気がします。
圧倒的な力に屈服されながらお仕置きくすぐりをされたい人にはドストライクな作品だと思います。

CFNM逆転無しなのでmな方には本当にお勧めできる作品かと思います。

  [報告する] 0人 が役に立ったと答えています

M向けくすぐり作品の真骨頂

2019年02月11日   購入済み

レビュアーオススメ!

威勢のいい男子が女の子にくすぐられてプライドも威厳も折られるもので、非常にストライクな作品でした!
特にくすぐりだけてなく、皮を伸ばしたりなんかの+αがあるのもGOOD!!!
女子が直接ってのもあるのですが、機械に無理矢理くすぐられるシチュエーションが多いので、ご購入の際の参考にしてして下さい。

  [報告する] 0人 が役に立ったと答えています

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。