({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
({{ product.review_count }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 @OZフォローする
販売日 2018年11月17日
シリーズ名3DCGヴァーチャルMOVIE・6thシリーズ
年齢指定
作品形式
動画
/ 3DCG動画集
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
723.25MB

作品内容

2018年最後の3DCGヴァーチャルMOVIEシリーズ第6弾は
あのオルレアンの聖女が降臨します。
甲冑姿も凛々しい聖女が激しい拷問に悶え、喘ぎ、苦しむ姿を
美麗3DCG映像で制作しました。
竜の魔女が引き起こした邪竜100年戦争を終結させる為に
15世紀フランスに現れた聖女は民間兵に捕まってしまう・・・
魔女の嫌疑を掛けられた聖女は残忍な魔女裁判の拷問に苦しみ、
磔にされての恥辱に喘ぎ、聖処女戦士は陵辱され、無限地獄に落ちてゆく。


◎オールプレイ再生画面では様々なプレイ・アングルをお楽しみ頂けます。
もちろんムービー速度のスパートボタン、そしてフィニッシュボタンを設置。

◎ムービーセレクト&編集機能により
お気に入りの動画をクリックで簡単編集。
自分だけのオリジナルムービーをお楽しみ頂けます。

◎ヒロインの心の声が聞こえる淫語音声ももちろん搭載。
より豊富な淫語音声を収録しました。
様々なシチュエーションの陵辱に喘ぐ心の声でプレイ感もより充実します。
男の台詞用のウィンドウで陵辱感も倍増です。

◎コスチューム選択あり

■セレクト&編集機能
■効果音・液体表現あり

---------------------------------------------------------

サンプルはこちらです

URL http://atoz.brightone-h.com/cg_ja_01.html

---------------------------------------------------------

■商品内容
●本編ファイル(EXE形式)
●特典
・画像 台詞付き・台詞無し2パターン
  (PNG形式 1920×1080ピクセル)

■キャスト
 ヒロイン CV :天知遥

■スタッフ
 総監督      Dr.TESLA
 企画制作    BRIGHTONE
 デザイン    松上左都子
 映像制作    Colossus

作品情報/動作環境

CPU
周波数 1.5 GHz以上のプロセッサ
メモリ
2 GB以上
HDD
空き容量約 2 GB以上
VIDEO
解像度:1366×768以上、フルカラー表示
DirectX
9以上

同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

すごく使えました。

2018年11月18日   購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

シチュエーションの一つ一つがとても好みで
すごく興奮しました。

おっぱいも凄く揺れていて本当に
良かったです。

予想よりもすごく使えて気持ち良かっです。

見た時からこのデザインすごく良いな~と思って
買って本当に良かったと思います。

報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。