({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年07月03日
シリーズ名あの子がアイツのオモチャになった日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ジャンル
ファイル容量
147.05MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「…お願い…勇樹…これ以上…私の声を聞かないで……」


気弱な勇樹はいつもクラスメイトの慎也に苛められてばかり。そんな勇樹を慰める幼馴染の結花。
今日も苛められた勇樹を慰めるため二人だけの秘密の場所で結花は「勇気が出るオマジナイ」をしてあげるのだが…

慎也に命じられ見張りをさせられる勇樹。薄いドアを隔てた先で結花は
勇樹を守るため慎也達のオモチャになる事を受け入れる
「……」
「早く言えよ結花。大きな声で、あのヘタレに聞こえるように。
結花が今、何をして、何をされているのかちゃんと教えてやれ!」
「……」
「…ゴメンね…勇樹…私、岡部結花は今…慎也クンと博クンのために…
…オマ○コ見せてるの…指で思いっきり拡げて結花のオマ○コの奥まで…全部」

あの子がアイツのオモチャになった日 岡部結花編の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「あの子がアイツのオモチャになった日 岡部結花編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件