({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年06月29日
作家 なぐ
シナリオ なぐ
イラスト なぐ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
590.11MB

作品内容

魔性の力を無効化する『聖眼』をもつ聖騎士の少年が遭遇したサキュバスは
星の名を冠する『星冠(ステラ)』であった。
彼女の名は『ベテルギウス』
全てのサキュバスを凌駕する最強のテンプテーション『ディスコルディア・プロトコル』が
『聖眼』の少年をメス堕ち奴隷へと変えていく!


・強制脱衣初射精
・淫肉拘束ショタペニス潮吹き責め
・巨大化貪りフェラ
・ペニス肥大化淫紋刻印
・両耳レイプ催眠射精
・尿道ストロー精液吸出し責め
・無限射精輪姦地獄
・完堕ち無限ドレインによる淫魔奴隷化

基本絵14枚 たくさんの差分とそれを遥かに上回る文字差分

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ディスコルディア・プロトコル」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

絶対なる逆レイプ

2018年08月23日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

最強のサキュバスに少年が犯される逆レイプもののCG集です。色鮮やかなイラストの中、少年はサキュバスに徹底的に犯されます。逆転もなく、容赦なくおもちゃのようにもてあそばれる描写はとても素晴らしく興奮しました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

きらきらと妖しい作品

2018年07月18日  

このレビューは参考になった×0人

少年が圧倒的なお姉さんにやりこまれる作品と言ってしまえばそれまでですが、作品全体に独特な雰囲気があります。作品のプレビューを見て絵の感じを気に入ったなら買って損はないと思います。内容は逆転なしです。文章を読みながら進める形式だからというのもありますが、全体的にねっとりとした雰囲気があるので、そういうのが好きな人ならさらにお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

凶悪な快楽!

2018年07月05日  

このレビューは参考になった×1人

とてつもなく強大な遥か上位の存在に目を付けられ、為す術もなく凌辱され、絶対的な快楽に支配される。
そんな作品です。
以前から予告があったので発売したら買おうと思っていましたが、予想を超える凄まじさでした。
気持ちいいという感覚でぶっ壊されてる男の娘の快感が溢れ出して、こっちにも伝わってきているかのようでした。
全編が、シチュが好みでない人でも圧倒的なエロさで興奮させられる、そういう筆圧で描かれています。

『星冠』は他にもいるそうなので、シリーズ続編を期待しています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!下着の描き込み半端ない、それだけで実用性すごい

2018年06月30日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

プロローグと本編のフォルダに分かれているのですが、ちゃんと前者を読んでから後者に行った方がより本作を楽しめると思います。
と言うのも本編の方はショタがサキュバスに搾られるシーンに特化していて、彼が自分を語る場面は皆無です。
いえ、逆に言えば、サキュバスの誘惑と搾精の数々は凄まじい威力で、ショタは息も絶え絶えな絶頂の連続なので、そこで冷静においたちを語り始めたら不自然です。
プロローグはその不自然を解消しつつ、彼の人となりを説明する機能を持っているのです。

たぐい稀な才能を生まれ持ち、自意識過剰ではない本物の自信で身を猛らせた少女騎士が居たとします。
それが華奢な体で、意気込んで魔物に突貫したらあっさり負けて陵辱の限りを尽くされる物語をイメージしてください。
この男女を逆にしたら、概ね本作です。
ただ、攻める側が女性なので、力ずくでねじ伏せると言うよりは豊満なボディを当てこすり、臭気をこれでもかと吸引させる誘引の数々が目立っています。
この体格差でおっぱいに埋まりながら抱き寄せられるだけでも充分に刺激的なのに、さらに攻撃的なプレイが繰り返されるそれは感情移入の度合いによっては股間が痛くなるほどです。

こちらの作者様は音声作品の挿絵も数多く手掛けているせいなのかシナリオが催眠音声を髣髴とさせる部分もありました。
と言うか、是非とも音声有化する、ゲームで言う所の追加パッチみたいな続編を希望したい濃厚さでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

巨女淫魔と男の娘騎士

2018年06月30日  

このレビューは参考になった×1人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]