({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • あの日であった女子校生 [清水庵]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
あの日であった女子校生 [清水庵]
サークル名 清水庵フォローする
販売日 2016年05月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ジャンル
ファイル容量
156.72MB
動作環境
体験版でご確認ください

作品内容

▼ であった女子校生のるり

無職になった俺はぶらぶらと商店街を歩いていた。

先週までは大手の証券会社に勤め、エリート街道を突っ走っていた。
だが今の俺は、仕事に疲れ、心も疲弊し、帰る場所もなかった。

「今日もどこかマンキツに入るか…」

マンキツの看板を探そうと、俺はゆっくりうつむいていた首をあげた。
雑多な商品と看板、夕日に照らされた商店街が目に飛び込んでくる。

そんな中、ふと目の合う少女がいた。

「女子校生か…」

18歳ぐらいだろう。
へそが出た短い制服を着て、顔立ちも凛として綺麗だ。
どこか懐かしい。まるで青春時代の思い出。
俺の心の渇きを見透かしてるかのように、笑顔を浮かべてこっちを見ている。

気が付くと俺はその少女に話しかけていた。
不思議と気負うことはなかった。

彼女は都会の砂漠に現れたオアシス。
水と言う癒しを求めて、ごく当り前に少女に話しかけ、一緒にホテルに入っていった。


▼ アニメーション作品

ヌキ専用のアニメーション(ムービー)作品になります。
商店街で出会い、ホテルで女子校生と会話をします。
るりのストレートな会話を楽しみ、体をさわったりしながら、エッチな気分になって、ラブラブします。

操作は簡単です。全てマウス操作で出来ます。
エッチアニメーションが再生中に動きを早くしたり、射精ができます。

声優は沢野ぽぷらさんです。

「おじさんってめんどくさくないでしょ。経験も豊富だし、エッチも上手だし。だから好きなの。
 私はおじさんから見たらまだまだだけど、エッチなことは自信あるわ」

るりの言葉通り、フェラから始まり、ぱいずり、ゆくはてはマットプレイまで…。
女子校生るりとのエッチで濃厚な時間をお楽しみいただければ幸いです。


▼ キーボード操作可能

アニメーション中はキーボード操作により、シーンを移動できます。

「T」 次のシーン
「Y」 前のシーン

「Q」 遅い
「W」 普通
「E」 早い
「R」 ランダム

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。