({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年10月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
-
ファイル容量
73MB

作品内容

基本15、差分50くらい。
本編はそれらを使用した241ページです。

●内容
処女でスケベで
ポジションにはこだわらないという異星の王女が
夜な夜な悩ましげな吐息を耳元に吹きかけたり
丁寧に歯を磨いてとろとろになった唾と舌とで
それなりに汗臭い腋だの乳首だのを
遠慮知らずにねぶりたくったあげく、
熱と興奮とで蒸れに蒸れた乙女の股間を
人のふとももに絡みつかせて淫らなオナニー
バレてないとでも思っているのか
バレてもいいやの自暴自棄か
布団の下の性臭たるや思春期の汗だの汁だの
我慢汁だのスケベ汁だのなんだのかんだの
さながらねっちゃりとした熱帯雨林がごとく
そんな毎日にいよいよ頭がくるくるマークで
事の良し悪しも判別できかねるようになった立冬君は
いつもの如く人の身体の凹凸使って
絶頂楽しむスケベな王女の桃尻を強烈に鷲掴みして
その獣のごとき剛直を思う存分
蒸れ返ったメスの尻に押し付けて前後にシコシコ
モ○が悪いんだよ、
○モがロコツに色々な柔らかい肉
押し付けてくるのが悪いんだよ……!

みたいな話です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ももももももももももももっ!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

エロ処女モモとエロいちゃいちゃ

2014年02月02日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

原作とはちょっと違う積極的なリトさんがスケベ処女のモモとひたすらラブハメセックスをする作品です

エロい原作の補完作品みたいなものであり、肉と液体の質感がすごいエロい絵とそれを補う豊富なエロ文章は値段以上のボリュームを生み出しています

原作ファンにおススメします

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]