({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
({{ product.review_count }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 DASSフォローする
販売日 2011年10月27日
最終更新日2014年08月27日
シリーズ名フィギュア化して犯る!
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
37.15MB
動作環境
flash player9以上

作品内容

ある日町で見覚えのあるカップルをみかける境屋(主人公)
そのカップルは同級生の門野(男)と優子だった、二人の指にはマリッジリングが・・
「ふん・・・野球部のエースだった門野とクラスのマドンナだった優子が結婚ってか・・
 定番すぎてつまらんのぉ・・」

そして境屋はふとある事を思い出す・・
「そう言えば、門野って同窓会の幹事だったよな・・・存在の薄かった俺には案内状なんかこなかったよなぁ・・・
 ふふん・・おもしろい・・じゃあおまえの嫁の優子と二人きりの同窓会でもさせてもらうか・・」

そして境屋はいつもの様に優子をあの空間へ連れ込むのだった・・

身体の自由を奪い、フィギュア人形のように好きなポーズをとらせ犯しまくれるあの空間へ・・

**この作品のみで完結してます。**

フルカラーデジタルコミック(基本10枚)と要所シーンをフラッシュアニメ(4本+α)にてお送り致します。

ある程度のパソコンのスペックが必要ですので体験版がスムーズにをご覧いただけるか確認お願いいたします。
バージョンアップの可能性がありますので会員登録でのご購入をお勧めいたします。

2014/08/26 IE11でフラッシュアニメが小さく表示される不具合を修正しました。
不具合が出てるユーザー様はお手数ですが再ダウンロードの方よろしくお願いします。

作品情報/動作環境

CPU
pentium4相当以上
メモリ
XP512MB以上vista/7は2G以上推奨

同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

非道え主人公(褒め言葉)。

2012年08月07日   購入済み

レビュアーオススメ!

こちらのサークルさんは、悲しげ(儚げ)なヒロインの表情に、エロいボディラインと配色が そそり、以前から気になっていました。
本作はシリーズ4作目、と言う事ですが、前作までは読んでいません。また、セットの方が良かったかもしれません(合計金額が同じなので、個別に購入しました)。
内容は、「存在感の無い主人公が、逆恨みでかつての同級生を(特殊能力で)レイプ」と言うもので、鬼畜な気がしますが、それが目当てで買いました(むしろ続編が目当て)。
ヒロインの優子は人妻で、どうやら子供も居るようですが、主人公の手(特殊な空間)に落ち、触手プレイでレイプされます(アナルまで)。4〜5回 中出しした後、元の世界に戻り、レイプの記憶も無くしている、と言う事ですが、お腹が大きくなっている、と言うラストは、鬼畜モノとしては王道でしょう(触手を使って、直接、子宮に精液を注いでますし…)。加虐心を満足させる作品です。

  [報告する] 1人 が役に立ったと答えています

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。