({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 知らないあなたを教えてあげる 幼馴染執事の一途な親愛 [てぃあどろっぷ]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
知らないあなたを教えてあげる 幼馴染執事の一途な親愛 [てぃあどろっぷ]
販売日 2018年12月22日
作者 瀬田一稀
シナリオ 瀬田一稀
イラスト 長岡芳龍
声優 鷹代あきと
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
47.38MB

作品内容

子供のときは、幼馴染。
そして今は、私に仕える大事な執事。

突然父の会社を引き継ぐことになり、多忙な毎日を過ごすあなた。
やっと肩の荷が下りるのは、就寝前のティータイムの頃。

でもそれこそが、あなたにとっての癒しの時間です。
真面目で優しい幼馴染執事が、昔の口調で、今の言葉で。
たくさんたくさん、あなたを褒めてくれるから――。


「お伝えしましょうか。私が思う、お嬢様の素敵なところを」

「……頑張り屋だね。でもあなたは、僕の前でまで、笑顔を見せなくてもいいんだ」

「あなたの望みを、なんでもかなえて差し上げたい。私の人生は、そのためにあるのですよ」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

サークル「てぃあどろっぷ」の女性向け初作品は、幼馴染として一緒に育ち、今は執事となった年上の彼が、
頑張るあなたに寄り添い、癒してくれる【バイノーラル】ボイスドラマです。

本作品の聞きどころは、何といっても、幼馴染の彼の、優しい言葉の数々。
ぜひ、バイノーラルマイクを使って囁かれる声に、耳を傾けてみてください。

あなたを誰よりも大事にしている年上執事は、あなたをとことん甘やかしてくれますよ。
その根底にあるのは、誰より深い親愛の気持ち。
でも本当は――。

家に仕える執事と、お嬢様。
身分差ゆえに語れぬ想いもあるのです。

■本編紹介

【1_お茶をお持ちしました、お嬢様(オープニング)】 8:54
夕食後、甘いココアとハーブティーで、二人きりのティータイム。
疲れてちょっと不機嫌なあなたを、優しい幼馴染執事が励ましてくれます。

【2_あなたは誰より、素敵な人だよ(メイン)】 27:06
執事から、幼馴染に顔に戻った彼は、あなたの行動をひとつひとつ、褒めてくれます。
落ち込むあなたを抱きしめて、甘い言葉を囁く彼。
かと思いきや、お茶目な仕種で笑わせてくれる、かわいらしい一面も。
そして壁時計がなったとき。
彼はあなたを、ベッドへと導くのです。

【3_おやすみなさい、お嬢様。……僕の、大事な人(エンディング)】 6:59
目を閉じたあなたを見守る彼は、どんなことを考えているのでしょう。
仲良く過ごした子供時代、長らく秘めてきた想い。
見守る愛、奪う愛。
彼はあなたの幸福だけを、願っています。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

幼なじみ(2) 執事(2)

レビュー数 : 2件

幼馴染みであり執事であり

2019年08月31日   人気レビュアー:Best500 購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

せつない……

2019年01月10日  

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

全編バイノーラルです。

執事モノでよくある、主従関係の逆転……それは、この作品にはありません!

必ず一線をひいて、お嬢様(聴き手)に接する執事の言葉が、後半になるにつれて、どんどん染み渡ってきます。
特に、最後の最後のエンディングパートは、心が痛いです。

お嬢様≠聴き手なわけですが、このお嬢様と執事、幸せになってよ! という気持ちにさせられます。

せつなくも尊い作品をありがとうございました。

報告する ]

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン