({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • INNOCENT REPLICA [空想科学研究所(SFL)]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
INNOCENT REPLICA [空想科学研究所(SFL)]
販売日 2018年10月30日
最終更新日2018年11月01日
シナリオ 結崎有理
イラスト 縁ちよ
声優 藍月なくる / 美藤秀吉 / KAZUMA / hana10 / IN9 / 神崎智也 / 南原光香
音楽 Casaya
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ジャンル
ファイル容量
208.37MB

作品内容

西暦2XXX年、日本。
優秀な遺伝子によって人間をデザインする、デザイナーベビーが当たり前になった時代。
1人の天才科学者が、人間の記憶データから人間を機械に複製する技術を完成させた。

天才科学者、一ノ瀬創弥が亡くした恋人、喬山季羽の記憶を元に造られたアンドロイド、トキハ。
この世に再び生を受けた彼女はやがて、自らの存在に対して疑問を抱き始める。

「彼を愛することは、正しいのだろうか?」

―ー例え造りものだとしても、私はここに在る。


空想科学研究所がおくる、SFヒューマンドラマ。


◆スタッフ
企画:空想科学研究所
脚本:結崎有理
イラスト:縁ちよ
音声編集:KiM
WEB:来宮りお
動画制作:みや。

◆出演
藍月なくる、美藤秀吉、KAZUMA、hana10
IN9、神崎智也、南原光香

◆主題歌
『朱に沈む』
作編曲:Casaya
作詞・歌唱:結崎有理

◆特設サイト
http://sflabo.com/ir/

登場人物

INNOCENT REPLICA [空想科学研究所(SFL)]

トキハ
CV:藍月なくる

一ノ瀬創弥の亡くなった恋人をモデルに
造られた女性型アンドロイド。かなり先
進的な存在だが、表面的な知能はそこま
で高くなく平凡な女性として振る舞う。
明るくてどこか自由人。

INNOCENT REPLICA [空想科学研究所(SFL)]

霜月 秀
CV:美藤秀吉

STRI(霜月総合技術研究所)の若き科学
者で、霜月財閥の御曹司。跡継ぎだった
従姉が事故で亡くなった為、分家ながら
跡継ぎとなった。養子。優秀なデザイン
ドだが、そんな自分を造りもののように
感じている。

INNOCENT REPLICA [空想科学研究所(SFL)]

一ノ瀬 創弥
CV:KAZUMA

人工知能の分野では世界でもトップクラ
スの研究者。いずれAIが人間を超える技
術的特異点(シンギュラリティ)に一番
近いと言われている。優男風な容姿もあ
ってか、研究生からの人気も高い。

INNOCENT REPLICA [空想科学研究所(SFL)]

喬山 季羽
CV:hana10

一ノ瀬創弥の元助手であり、想い人。
ネイチャーでありながら地頭がよく、
学園都市大の事務として勤めていた。
明るくて面倒見の良い、誰からも好か
れる性格。 好きなものはコーヒーとぬ
いぐるみ。

バージョンアップ情報

  • 2018年11月01日
    その他
    一部音声の間違いを修正。

同一声優作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

完成度の高さ・あっという間の90分でした

2019年07月01日   購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

前作「PERFECT BLUE」
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ212571.html
と世界観を共有するアナザーストーリーで、デザインドやネイチャーといった設定が出てきますが、本作単体で独立完結しているので、「PERFECT BLUE」を未聴でも問題なく楽しめます。
相変わらず完成度がべらぼうに高いです。
シナリオと台本、声優さんの演技、音楽、全てがボイスドラマというメディア形態を最大限に生かしまくっていて、”””何も考えずにただ声と音楽に耳を傾けるだけで自然にストーリーが頭に流れ込んでくる”””作品になっています。
本編は約90分と映画並みのボリュームですが、疲れを感じることもなく一気に聴取しました。さらに声優さん全員の個別のフリートーク約28分が添えられており、そちらも大満足です。キャスト全員が集まってスタジオ収録したそうで、それが臨場感のある演技に繋がっていると思いました。
トキハ役の藍月なくるさんの演技が可愛かったし、自身のアイデンティティーの揺らぎに苦悩するつらさもよく伝わってきました。大胆な設定の近未来SFでありながらも、しっかりとキャラクター一人ひとりのミクロな人間らしさが見て取れます。トキハや秀に自分の現状を重ねて見たりして、色々考えさせられました。
シナリオは丁寧で、ありきたりにならず、かといって風呂敷を広げすぎてグチャグチャになるようなこともなく、最適なテンポと最適なスケールで纏まっている印象です。
最後の終わり方、個人的には好きですね。

報告する ]

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン