({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • ガイドブック「信楽タヌキ」からみる狸谷山不動院 [慶應タヌキ研究会]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
ガイドブック「信楽タヌキ」からみる狸谷山不動院 [慶應タヌキ研究会]
販売日 2018年09月23日
作者 慶應タヌキ研究会
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数16ページ
ジャンル
ファイル容量
12.19MB

作品内容

『観光のお供に。これ一冊で「信楽タヌキ」も狸谷山不動院も丸裸!』

「信楽タヌキ」を軸に、タヌキの住み着くお寺、狸谷山不動院を紹介するガイドブックです。

京都府一乗寺にある狸谷山不動院というお寺をご存知でしょうか?
このお寺には、なぜか大量のタヌキの焼き物――「信楽タヌキ」が置かれている。その数なんと約350体!
しかも! このタヌキたちは全て参拝者が勝手に持ち込んだものらしい……。

一体、なぜこんなにものタヌキが「住み着いて」しまったのか……。

そんな謎に迫りつつ、タヌキを軸に寺院を紹介する内容となっています。
これから観光を考えている方、お寺の歴史に興味のある方、
「信楽タヌキ」についてほとんど知らなかった方にもオススメの一冊です。

・境内のタヌキスポットを完全網羅
・充実した「信楽タヌキ」紹介
・今までになかった切り口から寺院の歴史を紹介
・狸谷山不動院と「信楽タヌキ」との複雑な関係性も詳しく解説
・(ほぼ)全ページタヌキまみれ!

※本ガイドブックのもととなった卒業論文をホームページにて公開しています。
「信楽タヌキ」や狸谷山不動院に興味を持ってくださった方はぜひこちらもご覧いただければ幸いです!
https://tanuki-keio.wixsite.com/keiotanukiclub

目次

  • 1P.   はじめに
  • 2P.   「信楽タヌキ」とは?
  • 3,4P.  狸谷山不動院とは
  • 5,6P.  境内のタヌキ分布MAP
  • 7~13P. 境内のタヌキスポット&「信楽タヌキ」紹介
  • 14P.  おわりに

「信楽タヌキ」って?

「信楽タヌキ」は、主に滋賀県の信楽町で焼かれているタヌキの置物です。

居酒屋の入り口や店内、家の玄関に置かれているのを見たことはないでしょうか。
現在は「他を抜く」縁起物として置かれることが多いといいます。

実はこのタヌキ、歴史は100年程度。
でも、姿形は歴史の中でガラリと変化してきました。
さらにバリエーションも豊富! 大きさも体型も表情も格好も、とにかく様々なのです。

本ガイドブックでは、そんな「信楽タヌキ」の歴史やバリエーションも詳しく紹介しています。

狸谷山不動院ってこんなところ(タヌキまみれ編)

ガイドブック「信楽タヌキ」からみる狸谷山不動院 [慶應タヌキ研究会]

本堂

ガイドブック「信楽タヌキ」からみる狸谷山不動院 [慶應タヌキ研究会]

入り口にずらりと並ぶタヌキたち。なぜか背の順に、キレイに並べられている

ガイドブック「信楽タヌキ」からみる狸谷山不動院 [慶應タヌキ研究会]

七福神の石像にさり気なく紛れ込むタヌキたち

ガイドブック「信楽タヌキ」からみる狸谷山不動院 [慶應タヌキ研究会]

中には土に埋もれているタヌキも。なぜ?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン