({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年08月12日
シリーズ名CisLugI-シスラギ-
シナリオ 麻野小路せう太郎 / 庄野正幸 / 鮪皮ぽん酢 / 雄山詠創
イラスト かやはら / 島根件 / 芝田大介
音楽 朝日玲気 / 桜葉
年齢指定
全年齢
作品形式
デジタルノベル
/ SF革命群像劇
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
総計 3.09GB

作品内容

これは、命を問う物語
「死にたい」と口にするだけで死ねる世界

国際協和連合の下、『尊厳維持装置』という針状の爆弾が国民全員の脳内に埋め込まれ十数年が経った

「死にたい」という声に反応し起爆するその爆弾により
人々は苦しまず、いつでも気軽に自殺を行えるようになった
自爆によって高齢化社会、雇用問題、人口問題、イジメ、食料問題、医療問題等の様々な社会問題は解決され、
世界は更なるステップへとアップデートされた

もはや死は終末の恐怖ではなく、身近な安らぎとして
人間の持ちうる最大の権利であると人々は確信していた
ある少年と少女を除いては──

対応OS:Window10/他

DL版 限定特典!

♦CisLugI-シスラギ-設定ミニ資料集『尊厳死マナーガイド』
劇中にも登場するアイテム、尊厳死マナーガイドを模した設定資料集が附属!
尊厳維持装置発案のきっかけやキャラクターのラフ画像などが掲載した限定設定資料集になります。

♦『道化の電波時計は時を刻むのか』のEDテーマ『愛してる言葉なんかじゃきっと……』が附属



††DLsite 限定特典††

♦『罪過の兎は手を伸ばす』篇の挿入歌を大胆にアレンジした限定楽曲、『冬過の花 (Acoustic arrange)』が附属!

DL版限定特典の販売期間は10月12日(金)まで!


この作品は
「CisLugI-シスラギ-『罪過の兎は手を伸ばす』(RJ230983)」
「CisLugI-シスラギ-『彼岸の獣は言葉を喰んだ』(RJ230986)」
「CisLugI-シスラギ-『道化の電波時計は時を刻むのか』(RJ230991)」
「CisLugI-シスラギ-『不良の少女は愛を知らない』(RJ230993)」
と内容の重複があります。

同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

おすすめ!久しぶりに骨太なノベルゲーム

2018年08月18日  

このレビューは参考になりましたか?×2人

レビュアーが選んだジャンル :

同人ゲームは好きでよく購入するが、久しぶりに骨太なノベルゲームに出会った。
テーマ性、設定、群像劇など意欲作であり挑戦的な作品でした。
粗削りでも次が欲しくなる、そんなゲームです。
まだまだこれからのサークルであると思うし、ここからのサークルだと思うので、今後に期待しています。

最近はあいうえおカンパニーやDeep oneなどデジタルノベルの界隈が賑わっていて、エロゲファンとしてはとても嬉しいです。
激戦区になるとは思いますが、がんばってください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]