({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 天才科学者ばいおるる [神奈川電子技術研究所]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
天才科学者ばいおるる [神奈川電子技術研究所]
販売日 2010年11月18日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ジャンル
ファイル容量
96.51MB
動作環境
マウス・キーボード操作

作品内容

エレメントと呼ばれる液体を目的のビーカーまで運び薬を調合するゲーム。病の臥したお姫様を助けることができるでしょうか?

化学反応と物理計算の両方を駆使したゲーム。なかなか無いジャンルのゲームなので、これぞ同人ゲームと言える一本に仕上がっています。

作品情報/動作環境

CPU
pentium3-1GHz
メモリ
512MB
HDD
1GB
VIDEO
VRAM64MB以上(チップセット内蔵のものは非サポート)
DirectX
9

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

科学者気分になれるゲーム

2011年09月06日   人気レビュアー:Best200

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

マウスで画面上を描いたり消したりして進めていくタイプのゲームです。サンプル画面の3つ目の画面を見れば分かるように、色々な色の玉(エレメント)が沢山有ります。プレイヤーは透明な枠を作ったり消したりしながら、指定された色の玉を指定されたビーカーに入れることを目標とします。
 その際、「どうやって指定された色の玉だけを分離するか」が頭の使い所です。例を挙げますと、青い玉は赤い玉より重く、一箇所に溜めると、赤が上、青が下といった感じで分離します。丁度、コップに入れた水と油が上と下で分離する感じですね。で、それを利用して決められた色の玉だけを分離してビーカーに入れる。そんな感じのゲームです。他にも色々な分離方法があるわけですが、どれも薬品の調合のようなイメージになっており、次第に玉が分子や原子の一つ一つに見えてきます。何となく科学者気分で楽しめる作品です。

 因みに、画面のキャラクターは非常に可愛らしいですが、彼らによる会話、ストーリーなどはあまり重視されておらず、オマケ程度です。あくまでも、化学薬品の調合を楽しむゲームと考えるのが正しい気がします。

2人 が役に立ったと答えています 報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン