({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • ZODIAC-前編・後編- [ACT-ZERO]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
ZODIAC-前編・後編- [ACT-ZERO]
サークル名 ACT-ZEROフォローする
販売日 2010年08月17日
年齢指定
全年齢
作品形式
デジタルノベル音声あり音楽あり
/ ヴィジュアルノベル
ファイル形式
ファイル容量
総計 1.09GB
動作環境
DirectSoundに対応した、PCMを再生できる環境

作品内容

その年の春に「見上島」へと移住してきた「襟裳聖」と家族。
 学校生活も問題なく、友達もそれなりにいるという平凡な生活。
 しかし聖は、この島に来てから度々「白昼夢」を見るのだ。
 いきなり町や学校に誰1人としていなくなり、自分だけがぽつんとそこにいる。
 それがなんなのか分からないまま、しかし気に留めることなく日々を過ごす聖。

 そんな初夏のある日、聖は銀髪紅眼の少女「南爪らせん」と出会う。
 現実の世界でも、そして、白昼夢の世界でも。
 その日から、聖の周囲は一変することになる……

 らせんから向けられたのは、強烈な敵意。それは殺意と呼べるもの。
 しかし、その殺意は聖本人に向けられたものではなかった。
 聖を背後から操ろうとしていた「敵」……「判定者」を名乗る者。
 らせんは、その判定者と。そして判定者が集めた12人の「ファクター」と
 戦うために、この島を訪れたのだった。

 ファクター……12の星座(ZODIAC)、それぞれの力(運命)を持つ者たち。
 戦い合うことで相手の「アストラル」を吸収し、自らの力となす。
 そして、他のすべてのアストラルを吸収した者は「望みうるすべての力」を
 得るという。
 12人それぞれが望むと望まざるとにかかわらず、戦いは行われていく。
 ファクターたちには、戦わなければならない理由と、そして苦悩があった。

 らせんとの出会いで、ファクターではない聖もこの戦いに巻き込まれていく。
 らせんを救い、らせんに救われながら、2人の心は急速に近づいていく……

 ……それが、
 どんな悲劇を導くことになるのか、まだ若い2人に知る術はなかった。


■主要スタッフ
 キャラクターデザイン・作画:有子瑶一
 シナリオ:藤原たすく
 音楽:細井聡司
 主題歌/ボーカルユニットMW(片霧烈火・霜月はるか)

■キャスト
南爪 らせん 櫻井浩美
三ツ矢 守  後藤邑子
天道 アス  嶋崎はるか
赤星 音子  ひと美
暮田 蘭   氷青
襟裳 燈花  梶田夕貴
郷戸 統治  荻原秀樹
関 志貴   福里達典 
紐野飛助   大塚祐一郎    
大鎌すぐる  一条和矢

作品情報/動作環境

CPU
PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
256MB 以上
HDD
1800MB 以上
VIDEO
800x600以上の解像度で16bitカラーに対応

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

見えない明日、届かぬ想い

2010年10月04日   人気レビュアー:21位 購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

理不尽な運命に翻弄され、命を賭した戦いに放り込まれてしまった少年少女達の物語。
ファクターそれぞれが抱える事情は悲劇的で、本人にとって切実な思いばかり。
己の命のために他者の命を食らうことを否定するか肯定するか。
正しい答えなどどこにもない問いを抱え、言葉を届けられないまま戦い合うことになるのが前半。
ようやく言葉が届き始めるも、それは時すでに遅く、というのが後半、ということになるのでしょうか。
個々の事情も、全体の物語も、最後まで悲劇的で、最後に見出した答えもまた儚く。
物語としては綺麗にまとまっていますが、救いを求めてしまうのは、私がまだ弱いからでしょうか。
あと、能力は作中で「超能力」と明記されており、伝奇的要素は特にありません。

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン