ああ、僕らの茶番ヶ丘I First Ignition

  • ああ、僕らの茶番ヶ丘I First Ignition [Studio Bu-Sa]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
ああ、僕らの茶番ヶ丘I First Ignition [Studio Bu-Sa]
サークル名 Studio Bu-Sa
販売日 2024年06月10日
更新情報 2024年06月14日
シリーズ名 ああ、僕らの茶番ヶ丘
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
AI一部利用
ジャンル
ファイル容量
265.08MB

作品内容

資本主義に染まったすべての人に捧ぐ、魂の物語

"いい奴がいい奴のまま生きられる世界"か…。
断言していい、そんな世界は永久に訪れない。

それぞれが己の欲望を満たすために容赦なく他者を蹴落とす。
…いわゆる”悪人”がはびこる…それがこの世界の真実。

"善人"なんてのは利用され、食われるだけの"餌"にしかならない。
でも…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

豊富な資源と珍しい動植物が多く生息する美しい島"茶番ヶ丘"。
ここには、茶番ヶ丘の原住民を先祖に持つ人々"茶番人"と、大陸から移り住んできた人々"渡来人"が住んでいる。

渡来人は、"テクノロジー"と"資本主義経済"で茶番ヶ丘に恩恵をもたらしたが、同時にそれによって環境破壊や経済格差が加速した。
そして多くの渡来人には"利益至上主義"の気質があり、それらを起因として茶番人と衝突を繰り返していた…。

そんな情勢の中、茶番田 潤慈(チャバンダ ジュンジ)は、妻のミコトと義母のミオリと3人で平和に暮らしていた。

晴れの日は畑を耕し、雨の日は読書に耽ける。そして夜は家族と食事を楽しむ…。
潤慈にとって、そんな日常を維持することが最大の欲求であった。

しかし社会は、そんなささやかな幸せを望む者にさえ邪魔をしてくる…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

想定プレイ時間1時間程度
選択肢あり
CG35枚程度
一部背景にAIを使用
イヤホンプレイ推奨
微グロ表現あり

キャラクター

  • ああ、僕らの茶番ヶ丘I First Ignition [Studio Bu-Sa]

    茶番田 潤慈(チャバンダ ジュンジ)

    茶番ヶ丘で農業を営む青年。
    真実を見抜く目を持っている。
    妻のミコトと義母のミオリと3人暮らし。
    高橋には恩があり、高橋の会社に来た依頼を手伝うこともある。

  • ああ、僕らの茶番ヶ丘I First Ignition [Studio Bu-Sa]

    高橋 帝(タカハシ ミカド)

    高橋・魂・ソリューションズの社長。
    渡来人の悪行から茶番人を守るために活動している。
    潤慈とは旧知の仲。
    魂を重んじる性格。

  • ああ、僕らの茶番ヶ丘I First Ignition [Studio Bu-Sa]

    寺内 楓(テラウチ カエデ)

    高橋・魂・ソリューションズのNo.1エージェント。
    バースト能力という茶番人しか覚醒しない超能力を持つ。
    強くて心優しい性格だが、それがゆえに任務では敵に甘いところも。
    高橋のことを敬愛している。

  • ああ、僕らの茶番ヶ丘I First Ignition [Studio Bu-Sa]

    ブーサ

    ウサギのような耳とブタのような鼻を持つ、茶番ヶ丘では一般的な動物。
    性格はワガママで天真爛漫、勝手気まま。
    古来より茶番人にとっては良き隣人として愛されてきた。
    だが、近年乱獲により減少傾向にある。

キャラクター

  • ああ、僕らの茶番ヶ丘I First Ignition [Studio Bu-Sa]

    冬月 命(フユツキ ミコト)

    潤慈の妻。
    幼い頃に記憶喪失の潤慈と出会って以来、一緒に暮らしている。
    地元では清楚な美人と評判だが、実際は怠惰な性格。
    潤慈によると、性格はブーサに酷似しているらしい。

  • ああ、僕らの茶番ヶ丘I First Ignition [Studio Bu-Sa]

    冬月 三織(フユツキ ミオリ)

    ミコトの母親で、潤慈の義母。
    かなりの天然だが、しっかり者の美人。
    潤慈は彼女には頭が上がらない。

  • ああ、僕らの茶番ヶ丘I First Ignition [Studio Bu-Sa]

    ハピネス迫田(サコタ)

    最近茶番ヶ丘で流行っているペットショップの店長。
    カラーブーサというレアなブーサを販売している。
    ”ハピネス迫田のハピハピ畑チャンネル”は、若い女性を中心に大人気。

  • ああ、僕らの茶番ヶ丘I First Ignition [Studio Bu-Sa]

    阿呆田 宗男(アホウダ ムネオ)

    茶番ヶ丘大学の教授。
    考古学やブーサの生態に詳しいが、素性に謎が多い人物。
    最近のブーサ激減減少を危惧しており、高橋・魂・ソリューションズにブーサ乱獲をする業者の始末を依頼する。

更新情報

  • 2024年06月14日
    内容一部削除

同一シリーズ作品

サークル作品一覧

作品をもっと見る

販売作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

最近チェックした作品

開催中の企画・キャンペーン