がるまに専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 【バイノーラル収録】大好きですよ、お嬢様 [バイオレットボーン]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
【バイノーラル収録】大好きですよ、お嬢様 [バイオレットボーン]
販売日 2019年10月09日
作者 バイオレットボーン
シナリオ 斉藤しおん
イラスト びねが~
声優 栂井栄人 / 志羽至
年齢指定
作品形式
ファイル形式
WAV
/ MP3同梱
その他
ジャンル
ファイル容量
924.95MB

作品内容

「大好きですよ、お嬢様!」

大好きなお嬢様(ふたなり)とお風呂に入る執事のリュカとマティスの二人。
ソルトスクラブのザラザラした感触と
にゅるにゅるあわあわの炭酸ジェルマッサージで耳が癒されるひとときをお楽しみください。

ヒロイン
父母の死後、二人の執事だけのいる屋敷に住まう引きこもりご令嬢。
幼少期は天真爛漫だったが、両親が流行り病で亡くなり、
思春期に精通してからふたなりが一般的なものではないと知り、引きこもるようになる
夜会にも滅多に出ないが出るとなるとめちゃくちゃ緊張するタイプ
とにかく性欲が強いため、勝手に勃起しないかどうかを気にしてしまう

両親の死後は執事に屋敷の管理を任せており、
使用人も減ったため没落したと本人は思っているが
実際は両親没後、お嬢様がふたなりと知っている使用人たちが
遺産目当てに目の色を変えたため執事が二人がかりで全員解雇した

リュカ CV.栂井栄人
孤児の時代にお嬢様に拾われた銀髪の青年。
マティスと同い年だが給仕としては彼の方が先輩で長男気質。
リュカと名付けたお嬢様を心酔しており、
自立を促そうとするもののなんだかんだでお嬢様に一番甘い上に淫乱気質。
ちなみに名前の意味は光をもたらす者。

マティス CV.志羽至
移民の孤児だったがお嬢様に拾われた赤毛の青年。
最初は言語も通じなかったがヒロインとリュカが
言葉を教えたので同い年ながらも末っ子のような懐き方をしている。
ヒロインにもリュカにもすぐ甘えがち。
無邪気でちょっとアホの子だが独占欲が強く三人でいることにこだわる。

本編では「マティ」と呼ばれているが本来の名前はマティス。
ドイツ語を語源とし、意味は神からの贈り物。

01 実りの季節
02 一緒に入ろっ(混浴)
03 03 あわあわぬるぬる炭酸マッサージ
04 のぼせるまで味わい尽くして(リュカ受け お嬢様攻め の挿入)
05 欲しがり執事の両耳おしゃぶりハメ乞い(W耳舐め)
06 三人仲良くおやすみな?(寝息)
07 大好きですよ、お嬢様(囁き、ハメ乞いからのリュカ受け)
08 Free talk(40秒)

総再生時間:約75分

制作:バイオレットボーン
CV:栂井栄人/志羽至
イラスト:びねが~

同一声優作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

バイノーラル/ダミヘ(2) 耳舐め(2) フタナリ(2)

レビュー数 : 2件

ピックアップ

一生分くらいの「すき」が聞けます

2019年10月11日   人気レビュアー:Best200 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

とことん癒されて愛される!

2019年10月14日   購入済み

レビュアーオススメ!

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。