がるまに専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 私はドS生徒会長の激しい指導を受けることに… [persona]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
私はドS生徒会長の激しい指導を受けることに… [persona]
サークル名 personaフォローする
販売日 2019年06月01日
声優 加々美由亜
年齢指定
作品形式
ファイル形式
WAV
/ MP3同梱
その他
ジャンル
ファイル容量
220.14MB

作品内容

▽ ストーリー

ある日、生徒会室に突然呼び出されてしまった。
そこに行くと、生徒会長がいた。
二人きりの部屋で、生徒会長がこう言ってきた。
「スカート丈が短い。校則違反です」
「これは厳しい指導が必要ですね」
私は生徒会長に指導という名の凌辱を受けてしまう……


▽ キャラクター

竜ヶ峰(りゅうがみね)賢一(けんいち)
一見真面目そうな、クール系のイケメン。
成績は常に学年トップで、自分にも他人にも厳しい。
特に校則に厳しく、校則違反をした女性徒には、激しい凌辱を行う。


▽ シーン

01.生徒会室に呼び出される…

02.指導開始

03.顔中をべろべろなめられ、耳を舐められ、乳首もなめられ…

04.クンニ

05.フェラチオ

06.ローター責め

07.挿入、ピストン

07.終わりに

※ 46分55秒のボイスドラマになります。
※ wavファイル、mp3ファイルを選んで再生していただけます。


▽ 声優

CV:加々美由亜


-------- シーン一部抜粋 --------

遅かったですね。待っていたんですよ。
あまり人を待たせるのは感心しませんね…
ただでさえ、あなたは校則違反が多いのに。

前々から、あなたには目をつけていたんですよ。
私はですね、ルールを守らない人が許せないんですよ。
一人でもルールを破ると、とたんに和が乱れる。
積み上げたレンガが、崩れるように、ね。

君、身だしなみはしっかりしなさい。
スカート丈が短い。校則違反です。
服装が乱れていると、あなたの人格も疑われますよ。
健全な精神は、きちっとした服装をすることから養われます。
そういう肌を露出した格好は、あなたは良いのかもしれませんが、
他の多くの者、特に男性の心をよこしまに乱します。
かくいう私も……ね。

さぁ、今すぐ直しなさい。
そうしたら、今回は大目に見てあげましょう。

いやだ…と申されますか……
はぁ、思わず大きなため息をついてしまいますね。
どうしようもない人ですね、あなたは。
私が肝要にも大目に見てあげると言ったのに、その態度とは…
これは厳しい指導が必要ですね……

*
*
*

今度はおもちゃもつかってみましょうか。
これがなにかわかりますか?
この、ピンク色の、小さい物体を…
みたことありませんか?
これはローターというんですよ。
エッチをする際に使う道具です。
これを恥部にいれて、使うんですよ。
と、言われても、どう使うか、なかなかわかりませんよね。
実際に、使ってみましょうか。

さぁ、いれますよ、君の膣内に…
奥へ…奥へ…君の硬い膣肉をほぐしながら中へ入れていきますよ…
奥まで入れますよ…一番奥まで…
深く…深く…どんどん深くローターがはいっていっていますよ…

よし…一番奥まで到達しましたね…。
あっというまでしたね。あなたの膣肉が十分にほぐれていたおかげですね。
ぜんぎをたくさんしたかいがありました。
どうです?子宮口までローターをを入れられた気分は?

*
*
*

さて、アへ顔、晒しているところ悪いですが、そろそろ本番と行きましょうか。
私も、そろそろ、入れたくなってきましたしね。
あなたの中に入れたくて、私の剛直がうずうずしているんですよ。
これからきみの中に、私のこの肉棒を入れることを想像しただけで、むらむらしてきます。

ほら、見てくださいよ、こんなにたってる…
さぁ、想像してください…これが…こんな大きくてごつごつしたのが、あなたの中に入っていくんですよ…
どうですか?想像できましたか?

想像できたようですね、顔がリンゴみたいに赤いですよ、ふふ、かわいいですね。
ほら、入れやすいように足を上げてください……
太ももを高く上げて、股を開いて、挿入しやすくするんです。

同一声優作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

結構お似合いのカップルだと思う

2019年06月04日   人気レビュアー:35位 購入済み

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。