がるまに専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
({{ product.review_count }})
DL : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 妄想屋フォローする
販売日 2019年04月13日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
WAV
/ MP3同梱
その他
ジャンル
ファイル容量
156.88MB

作品内容

◆ 妄想(シチュエーション)

大学生になって上京し、一人暮らしを始めた私。
アパートを借りたが、どうやらいわくつきの物件だった。
夜、寝ている時に、突然、イケメンの幽霊が現れた。
そして、私にしゃべりかけてきた。
「君、かわいいね、ひとめぼれしちゃった。どう?おれといいことしない?」
私は強引に幽霊に憑りつかれ、
この幽霊と淫らな日々を過ごすことになってしまったのだった…

※ 幽霊はあなたの前に常に現れます。
講義中でも、電車の中でも、どこでも現れて、あなたにHなことをしてきます。


◆ シーン一部抜粋

やぁ、はじめまして。
新しい入居者さん。
俺?俺は見ての通り幽霊だよ。
十年前、ここで俺は自殺したんだ。
それからずっと未練があって、まだこの世界にとどまっているんだ。

そんなこわがらないで…だいじょうぶ、なにもしないからさ
ほんとだよ…信じて…
まったく…どうしてみんな俺を怖がるんだ…
前の入居者もそうだった、俺を見た瞬間、悲鳴を上げて、家を出て行って、
一ヵ月もしないで引っ越して行っちゃったよ。
その前の入居者もそうだった。その前の前も……
なにもしないって何度も言っているのに…
もうしばらく人とまともにしゃべってない…
ねえ、おねがいだよ…そんなに怖がらないでくれ…
さびしいんだ…みんなにこわがられて、無視されて…
話し相手が…ほしいんだ…一緒にいてくれる人が…ほしいんだ…
俺と…友達になってよ…

ほんとに、ほんとに友達になってくれるのか?
ありがとう…きみはとてもやさしい人なんだね。
よかった…これでさびしくなくなる…
これから毎日が楽しみだ……





へぇ、俺が講義受けていたときと全く変わっていないな、この教室。

なんでここにいるのかって?
いや、ちょっと君の通っている大学が気になってね……
同じ大学だったんだね……
俺も十年前、この大学に通っていたんだよ…なつかしいな…
あの法学の先生も、おれが学生だった時からいる先生だな、なつかしい。
ところで、こんな公衆の目と耳がある場所で、声に出して俺と会話していいの?
周りの人たち、すごい奇異な目で君を見てるよ?

ふふ、今更恥ずかしがるんだ。でも、もう遅いよ…
今、ここの教室にいる人たちは、君のことすごく変なやつだと思っているんだろうね。
でも、だいじょうぶだよ、小声で話せば。

あれ、どうしたの、無視しないでよ、ねぇ、
ねぇってば…かまってよ、
かまってくれないなら、少しいじわる…しちゃうよ…
胸…さわるね……

かわいい喘ぎ声……でも、いいの?そんな声出したら周りにまた変に思われるよ。
ほら……みんな君のこと見てるよ。
教授も君のこと見てる……
ほら、喘ぎ声抑えないと…

え、胸もむのやめて?
いやだ……だって講義つまらないし。
なにかしていたいんだ、退屈だからね。

そう……おれは意地悪な幽霊なんだ…ごめんね…
ほら、ほら…あえぎ声、抑えないと…周りにますます変に思われるよ
それんしいても、君の胸、本と柔らかいね。
大きいし…形もいい…触っていてとても楽しいよ。
次は…ここも触っちゃおうかな…
脇腹もさわるね……君のはだってスベスベでさわっていてきもちいいね。

ふぶ、君って脇腹も弱いんだね。
性感帯がすごく多いんだね。全身が性感帯なんじゃないの?
ほらほら、喘ぎ声を上げたらだめじゃないか……
次はもっと下…下半身も責めちゃうよ。
ふともも…すべすべだね…ムチムチしてて、とてもエロいよ…
触っていると、俺もどんどん興奮して、手が止まらなくなってしまうよ。
さぁ、次は…ここだ…きみのいちばんだいじなところ…女性器だよ。
割れ目を沿うように、触ってあげるね…
うわ、すごい濡れてる…パンツもぐっしょりじゃん…
こんな大教室でパンツぐちょぐちょになるほど愛液だすなんて、はしたないね。
さぁ、クリトリスもいじっちゃうよ…
このぷっくりしたのを、つまんじゃうよ…
ほら、大きな喘ぎ声出しちゃだめじゃん。
男子学生が顔を赤くして、君を見てるよ。
教授も顔が真っ赤だ…ふふ、みんな君に注目しているよ。
さぁ、中もいじっちゃうよ…
ふふ、君の中…スケベ液でぐしょぐしょだ…
指でいじくるとくちゅくちゅくちゅ、エロい音がするよ…
これ、周りにも聞こえているんじゃないかな…

いきそうだからやめて?
だめだ、やめない。教室で言っちゃいなよ。
ほら…ほら…もっと激しく指を動かしちゃうよ…

あっ…いったようだね。見てよ、地面を。
君のパンツから愛敬がしたたり落ちて、水たまりができてるよ。
あたりににおいが充満しているよ。
みんななんのにおいだと騒いでいる。
すごいことをしちゃったね、君……


◆ 制作

制作サークル/妄想屋

声優/ペケ丸

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?