がるまに専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
({{ product.review_count }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 禁飼育フォローする
販売日 2017年08月21日
シリーズ名魔女の処刑日
カップリング
作者 画用紙
シナリオ 画用紙
イラスト 画用紙
年齢指定
作品形式
デジタルノベル
/ 乙女悲恋序章ノベルゲーム
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット86
ジャンル
ファイル容量
167.2MB

作品内容

沼地の城に住む主と出会ってはならない……出会ったら魂をとられてしまうからだ……
……そのような言い伝えがあった。バカバカしい。

横暴だが面白いと思った者に対して関心を示すクルイヌ男爵と
活発だがどんくさい修道院暮らしの修道女こぼね。
同じ目、髪、肌をした男女が出会い、共に生活するうちに惹かれあうが…?

悲恋、血、グロ描写あり。


「魔女の処刑日~上弦の月は私を見下ろし~前編」の始まる前のお話
http://www.dlsite.com/girls/work/=/product_id/RJ124817.html

未プレイでも問題ありません。


動作環境:Windows(xp/vista/7/8)
ツール :Nscripter
サウンド:DirectSound対応サウンドカード
CPU:Pentium II 400MHz 以上
DirectX 8.0a 以降(最新版推奨)
HDD空き容量:200MB以上
解像度 :1024×576(フルスクリーン可)
メモリ :512MB以上
プレイ時間 :2~3時間ほど

作品情報/動作環境

CPU
Pentium II 400MHz 以上
メモリ
512MB以上
HDD
200MB以上推奨
DirectX
最新版推奨

同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 4件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

狂気(3)

ピックアップ

絶望の始まり

2017年08月22日   人気レビュアー:Best200 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

禁飼育さんにハズレ無し

2018年11月19日   人気レビュアー:Best100 購入済み

相変わらず面白かった。禁飼育さんはなんでこうも魅力的なキャラクターと引き込むお話が上手いのか...
これが同人でこの価格なんて信じられません。
今回もいい意味で精神を削られるストーリーに魅力的なキャラクターに完全に虜です。時間を忘れてプレイしました。
本当に面白かった!!

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

今作も良い

2018年07月27日   人気レビュアー:Best200 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

不条理悲劇を描ききった、力量ある佳作

2018年05月22日   人気レビュアー:Best300 購入済み

「魔女の処刑日 後編 体験版」をプレイして燃え上がったテンションでこの作品を購入、イッキ読みしました!

確かにこの作品を未プレイでも「魔女の処刑日」が抜群に面白いことに変わりありませんが、主要敵役のバックボーンを知ると面白さのレベルが圧倒的に上がります。
あの人がなぜこんなにも狂ってしまったのか。それがこれから先どう影響していくのか。
元々の人柄が丁寧に描かれているから余計、ラストのやるせなさが胸に迫って来るし、しかも大元の物語の予断を許さぬ伏線へと繋がっているのです。一本道の悲劇でありながらお見事!

体験版ではわかりませんが、残虐シーンは虫嫌いにはちょっとキく感じです。
でも、そういうのやり過ごせるタイプで「魔女の処刑日 後編」が待ち遠しくて堪らない方には、本編前の間奏としてプレイするのも一興かと存じます。

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]