がるまに専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年05月29日
シリーズ名狂嫉ペットシリーズ
シナリオ ふくしまひろ
イラスト はじめ
声優 水無月ジュン
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
101.63MB

作品内容

朝起きると、兎のフレディが人間になっていた!

「おっはよ~! ご主人さまっ☆
 どうしたの? いつもみたいにぎゅ~って抱っこしてくれないの?」

※異物挿入やスカトロがあります。
※残虐な描写があります。
※バッドエンドです。

CV:水無月ジュン

▽トラックリスト▽
01.トラック01 -04:50-
02.トラック02 -15:26-
03.トラック03 -05:34-
04.トラック04 -14:57-
05.トラック05 -11:29-
06.トラック06 -04:23-
約57分

▽スタッフ▽
企画  :ぼそぼ
シナリオ:ふくしまひろ
イラスト:はじめ
編集  :ぼそぼ

▽SE▽
無料効果音で遊ぼう!(http://taira-komori.jpn.org/index.html )
フリー音楽素材/魔王魂(http://maoudamashii.jokersounds.com/ )
フリー効果音素材 くらげ工匠(http://www.kurage-kosho.info/ )
ポケットサウンド(http://pocket-se.info/ )
ちょい音(http://www.heavenlyblue.info/se_free/ )
音々亭(http://soundarbour.sakura.ne.jp/ )

「行っちゃやだよ~、ご主人さまぁ
 この小鳥さん、どうなっちゃってもいいの?」

同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

道具/異物(3) 動物/ペット(2) 強制/無理矢理(2)
あどけなさゆえの残酷

2018年05月28日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になりましたか?×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

嫉妬しておる。。。

2017年04月01日  

このレビューは参考になりましたか?×1人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ペットは大切に!

2016年06月30日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になりましたか?×2人

前作に続き、今作もなかなかの強敵でした、笑。

ウサギという動物とCV.が水無月ジュンさんということで、かわいい子を期待していたのですが、良い方向へ期待を裏切ってくれて、やんちゃな男の子な印象。

狂気っぷりはギルくんよりもパワーアップしていると思います。
フレディくんの感情が向く方向がご主人さまだけではないので、ちょっとしんどいです。心が元気な時に聴きましょう(教訓です、笑)
ペットにはいつも変わらず愛情を注いであげなくては…と思ってしまいますね、苦笑。

ラストはちょっと意外な展開でしたが、ちょっとホッとしたというのも正直な気持ちです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]