がるまに専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年04月07日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
61.85MB

作品内容

超聖士セクロバスター

あらすじ

宇宙戦争真っ只中、新人パイロットのジャムカはどこか冷めた目で戦争を見ていた
科学が発達し、人工頭脳をもつコンピューターの反乱により
人間社会がすべて機械へと乗っ取られてしまったのだった。
戦いの中で心を失いかけたジャムカを救ったのは、敵側のスパイの女の子だった
ロボットながらもその女の子に惹かれるジャムカは、体の関係をもつことで
相手が実は人間だと言うことに気づき、SEXを通じて人間としての記憶を
取り戻そうとするのだった・・・しかし・・


全7トラック
1プロローグ
2スパイの少女と出会い
3重なる肌と心
4消えたスパイ
5セクロとの戦い
6崩壊の向こう側
7おまけフリートーク

シナリオつき

CV

ジャムカ:樫村さぎ
ナツピー、マーグリン少尉、セクロ軍:白川パコ

※成人向けのシーンはジャムカのみです。


シナリオ:白川パコ

イラスト:DEKA鍋様

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「超聖士セクロバスター」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

SF(2)
おすすめ!エロ<<<ギャグ

2018年08月28日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!笑う

2018年03月28日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

心の声が可笑しい(笑)可愛い素敵!
シナリオよりもそっちが印象に残りました!
叫び声がちょっとでかいので聴くときは注意が必要ですが楽しかったです。笑えて萌えてエロくてはまりました。

声の方が好きな人は聴いて萌えてほしいです!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

主人公の心の声がうるさ良い(うるせえかわいい)

2017年08月04日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

コンセプトとイラストに惹かれた方もいらっしゃるのでは。

攻めのシチュでおなじみの声☆性☆制さん。女性向けではなかなかないロボット物とのことで購入ッ、せざるにいられないッ!ということで聞きました。

学園モノや王道ファンタジーモノに飽き飽きしていて、夏休みの少年のようなドキドキとワクワク、エロスな斬新さを求めているのであればお勧めします。
キャラが色々と出てくるのでロボットアニメっぽいですよ! ロボに搭乗して攻撃するだけではなく生身でビームガン撃ってます! そこをよく分かっていらっしゃる!

ですが、男性向けエロなロボット物と比べると若干質が気になる点があるかと思います。効果音や声のエフェクトはなぜそれを選択したのか。またシナリオの展開にも疑問に思ってしまうところがちらほらあります。ロボット物を女性向けにするのは難しいですね。

珍しいシチュに惹かれた方、ロボット物を少し触れてみたいなあという方、ロボット物が好きな方には少々納得できない点があるかもです。

それでも私は情事中の主人公のうるせえ心の声を聞くためだけにリピートしてます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]