がるまに専売

橙の花が枯れる日

  • 橙の花が枯れる日 [トラウマバーゲン]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
橙の花が枯れる日 [トラウマバーゲン]
サークル名 トラウマバーゲン
販売日 2024年03月30日
シリーズ名 トラウマブラザーズ
シナリオ 電子レンジOK
声優 Flat.
音楽 Flat.
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
MP3
その他
ジャンル
ファイル容量
108.7MB

作品内容

終の道は独り。

橙の花が枯れる日 [トラウマバーゲン]

死は、誰にでも必ず訪れる。
それが、いつになるか、想像はできても予測はできない。
こんなにも、あっけなく、近くにあるのに。
それが悲劇なのか、救いなのか、偶然なのか、必然なのか。

──あなたは、生きたいのか、死にたいのか。

注意事項(必ずお読みください)

本作品は、「看取られ」を体験する音声です。

以下の内容が含まれます。

・「死ね」などの強い罵倒
・近親者からの虐○を想起させる表現
・聴き手の死亡が予測される表現

これらの内容に不快感を覚える方は、視聴をお控えください。
「聴き手」の死に際に、優しい言葉をかけられることは、ほとんどありません。
エンディングは2種類ありますが、どちらもハッピーエンドではありません。
また、

・日常的に希死念慮のある方
・近親者とのトラブルにトラウマのある方
・死に対する、非常に強い恐怖のある方

こちらの項目に該当する方は、ご視聴の際に十分ご注意いただき、

・不安が強くなる
・動悸や息苦しさ

等の症状を感じましたら、すぐに再生を中止し、休憩を取るようにしてください。
本作品の視聴に際して生じた不利益に対し、当サークルでは責任を負いかねます。

橙の花が枯れる日 [トラウマバーゲン]

橙の花が枯れる日 [トラウマバーゲン]

気がついたら、病院のベッドの上だった。

体が動かない。指の一本も動かない。
声も出せない。瞼を開くこともできない。
肌の感覚すら、ほとんどない。

時々聞こえてくる、お医者さんや看護師さんの声。
「意識はありますか」と聞かれても、返事をする手段はなかった。
お兄ちゃんの声が聞こえる。お医者さんと話している。
どうやら、私は事故に遭ったらしい。

治療には時間がかかる。
お金もかかる。
助かるかどうかもわからない。
でも、体はかろうじて、生きようとしていた。

だけど、そんな抵抗もむなしく、命は突然終わる。

「その日」が来た。

トラックリスト

エンディングは2種類ございます。
少しだけ救われたい方は「4a」を、突き放されたい方は「4b」をお聴きください。

◆トラック1「宣告」(04:45)
半年にわたる延命治療。
私に「助からない」と告げたのは兄だった。
もうすぐ、私は死ぬらしい。
そんな私に兄は、ぽつり、ぽつりと言葉を残し始める。
残酷でも、正直な言葉を。
「死ぬのか おまえ…… ざまあみろだよ……」

◆トラック2「懐古」(13:22)
死を宣告されてから、兄は毎日足を運んでくれる。
私たちのこれまでを、振り返るように。
兄の言葉に、返事すらできない私に、言葉を残す。
実感の無いわたしたちの上を、時間が通り過ぎていく。
「おまえだけが、楽になっちゃうの、むかつく」

◆トラック3「限界」(12:09)
いつ死んでもおかしくないのに、呼吸を続ける私に、兄は苛立っていた。
どれだけ心で謝っても、伝わることはない。
ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。
本当の無力を、実感するしかなかった。
「僕の今までの時間返せよっ……!」

◆トラック4a「手の温もり」(08:21)
いよいよ、もう終わりだということがわかる。
言葉とかではなく実感する。今日がその日だ。
駆けつけた兄は泣きながら、泣きながら……
怒りとも後悔ともつかない何かをぶつけてくる。
だけど最後には手を握ってくれた。
もう感覚なんてないのに、すこしだけ、あたたかかった。
「おやすみ。……いってらっしゃい」

◆トラック4b「動かない体と」(06:23)
私が死ぬ日が来た。
兄の様子は、いつもと同じだった。
でも、やっと終わる。やっと終わるんだ。
兄と私の気持ちが同じかどうかはわからない。
でも、確かに離れていくのがわかった。
ああ、これが、「そう」か。
「苦しくないところに行きなさい。ひとりで」

総再生時間 45:03

◆主題歌「病巣」
作曲:Flat.
作詞:電子レンジOK

CV:Flat.
シナリオ:電子レンジOK
制作:トラウマバーゲン

同一シリーズ作品

サークル作品一覧

作品をもっと見る

販売作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

最近チェックした作品