({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年12月27日
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数37
ジャンル
ファイル容量
15.44MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「羅奈のなか、すごい、ものほしそう」

毎晩、羅奈の全身にキスする八兵衛。
キスでアソコが潤ってくると、指でこすり熱い舌でねぶってくれる。
でも恋人同士じゃない。
ふたりの関係は、監禁される女と監視する男。
出会いは衝撃だった。
羅奈が妖怪に襲われ、淫らな触手に今にもその身を貪りつくされると思ったとき、彼が現れたのだ。
でも、助けてくれたと思った彼は羅奈を監禁した。
彼は羅奈を自分の店『供物屋八兵衛』で商品として高く売るのが目的だから。
そのために毎晩、羅奈の生気が美味しいかどうか、味見のキスをするけど…。
あんまりやさしくされると勘ちがいしそう。
売り物だから大事にされてるだけなのに、愛されてるのかも…なんて…。

注意事項

「秘めやかな体温 背徳の純愛(BJ135762)」と内容の重複がございます。

淫妖供物草子 いけにえの蜜の味 2巻の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「淫妖供物草子 いけにえの蜜の味 2巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件