({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年12月12日
シリーズ名読者体験告白手記
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数75
ジャンル
ファイル容量
41.21MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

書類を届けるために道を訪ねたら
「ちょうど退屈してたんだ。楽しく遊ぼうぜ」
「え…イヤッ!! やめて!!」
あっという間に服を剥ぎ取られ私は裸にされてしまった。
テーブルの上に押さえつけられ、胸を揉まれ、足を開かされそうになる。
「やめてっイヤッ!!触らないで!!放して!!」
「うるせぇ女だ! 声が出ないように口の中に何か突っ込んどけ!」
「よっしゃ! 俺のを入れといてやる!」
太いモノがムリヤリ口の中に。
「うぐぐ」
別の男がアソコを広げると舐めたり指を入れたりし始めた。
「見ろよ。濡れてきたぜ、この女!」
「感じてるんだ、この女」
男達の言う通り私は感じていた。
荒々しい愛撫と複数の男達に嬲りものにされているというシチュエーションに
私は興奮していた。
本当の自分の欲望が…!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?