({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年12月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数82
ジャンル
ファイル容量
43.93MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

友人、麻衣の恋人、真野から夜遅く電話が。
1人で飲んでると落ち込んでしまうという。
付き合っているうちに、気がついたらホテルへ。
真野のモノを握りくわえ舐める私。
すると「僕にもさせて欲しい」恥じらいながら足を広げる私のアソコを舐める真野。
次第に私の尻を抱え貪るように舐める。
ついには私は逆さになってアソコを舐められる。
麻衣…見てる!? あなたの恋人の舌が今、私の体を舐めている。
「ああ…いい――」ふふふッ、私の勝ちよ。
麻衣! 真野のモノが入って来る。
「あッああッ」大胆な体位で激しく出し入れされ、私は達した。
その後も真野を慰めるため関係を持った。
「私が麻衣の事を忘れさせてあげる」
私は彼に跨がり自ら入れると激しく体を上下させた…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?