({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 沙織の秘密!! 目覚めたら挿れられてた!? [秋水社ORIGINAL]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
沙織の秘密!! 目覚めたら挿れられてた!? [秋水社ORIGINAL]
販売日 2017年10月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数105
ジャンル
ファイル容量
42.36MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ある日、目が覚めると、私は見知らぬ部屋のベッドの上に全裸でいた。
「こ…ここはどこ…?」ひょっとして、またやっちゃったんだわ。
私には夕べの記憶がまったく無かった。
「おや、もう起きたのか」「あ…あなたは?」「起き抜けのイッパツでもやろうか」
見知らぬ男が馴れ馴れしそうに言い、私の足を広げる。
「あっ…ダメ…!」「何言ってんだよ。夕べはあんなに燃えてたくせに!」
男が猛り切ったモノを遠慮なく私のアソコに挿れてくる。
私のアソコも何故か何の抵抗もなく根元まで飲み込んでしまう。
「どうだ。突っ込まれてる所がよく見えるだろ?」
激しく抜き差ししながら男が言う。
「あはぁあっ…」「ほら、イヤラしくヒクヒク動いる!」「昨日あれだけイッて、まだ足りないのかよ?」

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。