({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 貴公子が愛した身代わり乙女 想いは恋文に秘めて [パブリッシングリンク]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
貴公子が愛した身代わり乙女 想いは恋文に秘めて [パブリッシングリンク]
販売日 2017年08月24日
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数158
ジャンル
ファイル容量
10.63MB

作品内容

貴族の姫・馨子に仕える白露は、和歌が苦手な姫から、恋文の代筆を頼まれる。
優れた和歌を美しい文字でしたためた白露の文のおかげで、
馨子と相手の公達・時雅の間で文のやり取りが始まった。
ところが白露は、文が返ってくる度、目にする時雅の歌に、次第に惹かれていく。
主の恋人に想いを寄せるなど、あってはならないことと、自分を戒める白露。
間もなく、時雅から馨子に婚姻の申し入れがあり、彼は馨子の邸を訪れる。
ふたりが語らう部屋の隣に控えていた白露だったが、
突然、時雅が現れ、文を書いたのは白露だと言い当てられてしまう。
想いを心の奥に隠し、主人に仕える白露を、思いがけない運命が待っていて…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。