({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 家庭内レンアイ 義理の息子と越えた一線(分冊版)母になった日 【最終話】 [ぶんか社]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
家庭内レンアイ 義理の息子と越えた一線(分冊版)母になった日 【最終話】 [ぶんか社]
販売日 2019年10月12日
シリーズ名家庭内レンアイ 義理の息子と越えた一線(分冊版)
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数27
ジャンル
ファイル容量
13.67MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「俺が母さんのココから、出てきたのならよかったのに…。ねぇ母さん?」家族を失った者同士で慰め合うように結婚した紗月と之彦。それに大学生の息子・君哉を加えた三人は誰もが羨む仲良し一家だった。――之彦が急逝するまでは。葬儀の場で君哉が見せたのは、息子の仮面を脱いだ男の顔で……。愛と欲、性と倒錯が入り乱れる、誰にも言えない家庭内レンアイが今、始まる――…。「母さん、俺のために、もっと苦しんで、もっと悩んで。そしてもっと……」 

※この作品は「禁断Lovers Vol.073」に収録されております。重複購入にご注意下さい。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。