({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年07月29日
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数130
ジャンル
ファイル容量
98.37MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

身分を隠し、王女として身も心も皇帝に捧げられ…。

「隠すな。手を退けろ。アレーシャ姫」
冷徹な皇帝にアレーシャは裸体を晒す…。

アレーシャは母国カドレラの王妃の命で、和平を結ぶ誓約書のサインのため
第一王女の身代わりとして隣国リィクセン帝国の皇帝ヴァルラムの花嫁となるよう強要される。
すべては両国の平和のためと信じて…。
「過ぎた快感は身体よりも心を壊すらしい」
無垢な身体を捧げたアレーシャは甘く乱されるが、
ヴァルラムは「捧げ物の花嫁はいらない」と彼女を拒絶する。
しかし、ヴァルラムとともに過ごす内に、アレーシャは彼の冷徹さの裏にある確かな優しさに惹かれていき…。

★ヴァニラ文庫のコミカライズ版★

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「元帥皇帝に捧げられた花嫁」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件