({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

「こんなに濡れて…カワイイね、先輩」
耳元でイヤラしい言葉を囁かれ、指でナカをかきまわされて…
こんなの嫌なのに、どうして拒めないの…!?

―真面目なOL人生を送っている私には秘密がある。それは夜にキャバ嬢をしていること。
だけどある日、会社の後輩・宇佐見くんが店に来て、あっさりバレちゃった―!?
彼は仕事もできるし女の子にもモテるけど、私にはなんだかいつもイジワルで…。
ナイショにしてってお願いしても「見逃すハズないでしょ」って、夜のオフィスで迫ってきて…!?
強引な顔でイジワルなこというくせに、時々やさしい顔をみせて…
そんな顔でご指名されたら、私もう逃げられないよ!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「年下オオカミのご指名です。~深夜オフィスで喰べられエッチ!~(2)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件