({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年05月27日
シリーズ名女神たちの二重奏 ─第II楽章─(単話)
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数23
ジャンル
ファイル容量
12.34MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

東城家に入り込んだ真理絵を茜だと勘違いしてセックスしてしまった源次郎は、茜(真理絵)のベッドでの慣れた振る舞いにショックを受けてしまった。そして…
「僕たち、しばらく会わないほうがいいと思うんです。婚約も…しばらく考えさせてください」
と茜と距離をおくことを決意した。
源次郎の言葉に落ち込む茜。
そんな時、東城家の家政婦・千代との電話でおかしなことがあった。2日前に自分が源一郎に連れられて屋敷に来たと言われたのだ。この1週間、屋敷には行っていないのに……。
「いったいどういうこと!?」
茜はその人物が麗花ではないかと考えたが、麗花がそうすることの理由がまったく思い浮かばない。
「いったい誰?」
茜は真相を突き止めるべく東城家の屋敷にメイドとして潜伏することにしたが…!?(単話版 第9話)


「女神たちの二重奏─第II楽章─ 1 (BJ150525)」に収録されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?