({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
}
  • 我が家のリリアナさんと冬休み! [フランス書院]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
我が家のリリアナさんと冬休み! [フランス書院]
著者 山口陽(作) / 葵渚(画)
出版社名 フランス書院フォローする
レーベル 美少女文庫
販売日 2018年11月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数303
ジャンル
ファイル容量
121.66MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

「私と……姫始め、したいですか?」 豪華絢爛な和服を纏い、恥じらいながらも、まっすぐ目を見て問いかけてくるリリアナに、達也も顔を赤くしながらもしっかり頷いた。 今年も、これからも、いつまでも、リリアナさんと一緒にいたい。 ゆっくりと着物の裾を捲っていく褐色美女。「リリアナさん、下着穿いてないんだね」「はい、着物の時は着けないと聞きました」 露わになっていく恥丘に指を這わせ、柔らかな縦筋をなぞると、彼女はビクンッと太腿を震わせて、艶めかしい声を漏らした。「あんっ、達也さんの指、いっぱい動いて」「可愛いよ、リリアナさん、俺の指で気持ちよくなって、今年最初の絶頂を見せてよ」 クリスマスでも、温泉旅行でも、大晦日も、とことんリリアナさんと愛し合った。けれど、もっともっとリリアナさんを抱きていたい!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン