({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
}
  • 下のおくちでちゅっちゅしよ [GOT]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
下のおくちでちゅっちゅしよ [GOT]
著者 丸居まる
出版社名 GOTフォローする
レーベル GOTコミックス
販売日 2018年08月25日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数220
ジャンル
ファイル容量
165.37MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

『comicアンスリウム』のハーレムマスター・丸居まるが描く、
ぷるっぷるの女の子いっぱい!!

「私達が責任とってあげるから♪」

ある日突然、スカートが見えなくなる、奇病「スカートロス」
スカートフェチの男の子にとっては致命的な事態っ!

しかもスカートの下に女子たちが穿いてるのは、
その可愛さに反した「がっかりパンツ」だった…。

自分の悲運を嘆く男の子だったが、真実を知った女の子たちが!?
4人の女の子たちに愛される「チラリズムの終わり」を初め
今回も女の子がギュ~と詰め!!

同級生、教え子、ギャル、姉、妹、姉の友人、
隠された島の処女たちに女神様まで!!
みんな膣中が大好き!!!!!!
描き下ろしカラーコミックも収録♪

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

読み終えると腰が立たなくなる感覚を味わえる(多勢に無勢)

2018年08月25日   人気レビュアー:2位 購入済み

レビュアーオススメ!

「チラリズムの終わり(BJ134827)」
「のんびりライフ(BJ138586)」
「拾ったパンツを精子で買った(BJ118916)」
「のーまんず あいらんど (1)(BJ108107)」
「のーまんず あいらんど (2)(BJ113506)」
「楽しくエッチに生きればいいのさっ!(BJ103052)」
「俺にはオナホがちょうどいい(BJ124733)」
「IN ストラクト!(BJ095810)」
「妹-にゅうたいぷ-(BJ101211)」
以上の9編からなる短編集です。
流石はハーレム女体絵師の異名で奉られる作者様、十中八九ならぬ九中八がハーレム作品です。
しかも、それだけ多量の女を内包する短編集でありながら、学生ではないヒロインはたったの1人だけ。
つまり男8人に対して平均3人の女、概ね20人以上のJKと乱交する単行本と計算できます。
それでいて、Hに至る方向性は一辺倒ではありません。
男が居ない島で大乱交を繰り広げるシリーズも有れば、ビッチ丸出しのJK3人娘に捕まってホテルへGOする作品も有り、共通しているのは女子を強引に押し倒すのではなく、どちらかと言ったら男の方が押し倒されそうなヤる気満々の雌の意気込みです。
特に、個人的には「俺にはオナホがちょうどいい」が最高でした。
天然と言うかコメディ的と言うか、ヒロインの従姉妹の性に乱れっぷりは危うさを禁じ得ない一方で、男としては嬉しい限りです。
また、ビッチ臭が漂う余裕の尻軽さなのに、主人公の一撃にKO寸前のリアクションを見せてくれるのも男の自尊心を満足させてくれます。
そして、逆襲と言わんばかりに攻勢に転じたギャルビッチは恐ろしいの一言で、M心まで高揚させる一石三鳥の感覚でした。

2人 が役に立ったと答えています 報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。