({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
}
  • 高く麗しきその城で -アウトレイプ- (4) [GOT(グレープ)]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
高く麗しきその城で -アウトレイプ- (4) [GOT(グレープ)]
販売日 2018年04月11日
シリーズ名高く麗しきその城で 〜アウトレイプ〜
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数24
ジャンル
ファイル容量
15.48MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

陵辱エロスの新たな地平を切り拓く空想がお届けする家族崩壊復讐劇レイプ連載第四話!!

高麗城真冬(こましろ まふゆ)は長年実家との連絡を断っていたが、
恋人の一葉桜(いちよう さくら)との婚約を父親に報告し、
高麗城一族との忌々しい縁を断ち切るため父親の誕生日に合わせ実家に帰郷することになる。
高麗城家当主で政財界の黒幕・源五郎(げんごろう)を筆頭に高飛車な三女の斑(まだら)、
次男の幹久(みきひさ)、双子の長女の霞(かすみ)と三男の圭吾(けいご)、次女の紅葉(もみじ)といった
一癖ありそうな高麗城一族と顔を合わせた後、コンシェルジュの羽柴栄六(はしばえいろく)に
客間に通され真冬と桜が愛し合っていると突然、庭師の小森淳(こもりじゅん)の叫び声が館に響く。
彼が見つめる黒バラ庭園の中心には源五郎の死体が放置されており、足元には六通の遺書が残されていた。
遺書を巡り対立する兄妹たち。一足先に暗号を解き地下のワイン蔵に向かった斑は何者かに壮絶に犯され、
時を同じくして礼拝堂で幹久の遺体が見つかる。
庭園内を調べると桜の推理通り仕掛けが確認でき犯人達の計画が明らかになるが、それはすでに破綻しているように見えた。
真冬が協力を頼もうとするも霞は狼狽し部屋を出てしまい圭吾もその後を追う。
その時、地下では謎の男による斑と紅葉への更なる陵辱行為が続いていた…。

※「コミックグレープvol.53」に収録されている作品です

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン