({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
}
  • エロ過ぎる人妻痴漢電車 -旦那の(冤)罪は身体で償います… 2巻 [こすりクラブ]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
エロ過ぎる人妻痴漢電車 -旦那の(冤)罪は身体で償います… 2巻 [こすりクラブ]
販売日 2018年07月18日
シリーズ名エロ過ぎる人妻痴漢電車 -旦那の(冤)罪は身体で償います…
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数32
ジャンル
ファイル容量
14.85MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

『私は公然羞恥に溺れてイク…』
結婚2年目の若妻が旦那の痴漢をきっかけに欲望の渦に飲み込まれていく…。
結婚記念日の夜、帰宅するはずの夫に代わり現れたのは弁護士を名乗る男性。
『旦那さんは痴漢で逮捕され多額の賠償金が必要になります。』
夫の弁護の代償として要求されたのは《人妻のカラダ》。
旦那の痴漢が冤罪とは露ほどにも思っていない妻は、愛する人を守るため一度きりと自らを差し出すことにするのだが、旦那への裏切り・背徳感が彼女の欲望を刺激して、旦那とのソレ以上に感じてしまう。
『嗚呼…あなたのために私はイカされてしまいます…。』
しかし人妻の悲劇ははじまったばかりだった。
弁護士に言われるがままにつれていかれたのは満員の通勤電車。
そこでは複数の目撃者と卑猥な《現場検証》が人妻を待ち受けていた…。
『あなたごめんなさい…私、こんな大人数に電車で犯されて…』

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン