({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
}
  • 虫遊戯2 第3話 [キルタイムコミュニケーション]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
虫遊戯2 第3話 [キルタイムコミュニケーション]
販売日 2018年03月25日
シリーズ名虫遊戯2
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数24
ジャンル
ファイル容量
14.58MB

作品内容

【電子書籍描き下ろし!】
少女は好奇心で虫と交わり、虫は本能で女体を貪る――。
虫の性器をしゃぶって、挿れて、戯れ堕ちる少女たち。

家に虫を持ち込んだことを母・芳乃に叱られてしまった文香。
一方、芳乃は娘の奇行の原因は自分なのではと気にしていた。

ある日の夜、部屋のベッドで眠りについた芳乃だったが、
文香と虫の夜這いによってその眠りは邪魔されてしまう。

手足を縛られた挙げ句、左右の乳房を娘と虫の双方から吸われて
抑えた嬌声が零れ出てしまう若母。
膣口は娘の手でほぐされ、溢れる淫蜜は虫の顎に吸い上げられて、
ついに虫の禍々しい交尾器を挿入されてしまうことに。
ガクガクと腰を震わす妖しい虫ピストンによって、
芳乃はひとり娘の目の前で、晒したことのない雌の痴態を晒してしまう……。

遊戯びたりない貴方と、虫たちに捧げるシリーズ第二弾!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

自分の欲望に忠実な娘

2018年04月18日   人気レビュアー:3位 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

前回見事に親バレして虫吉くんを捨てるように言われた娘さんが眠ってる母親に虫吉くんをけしかける訳なんですがこの娘にしてこの親有で虫ち〇ぽですぐにアへっちゃう辺り血筋は争えないものですね
いや寧ろこの虫吉くんがテクニシャン?
兎に角続きが早く読みたい終わり方でしたので是非

報告する ]

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン