({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
}
  • いつも君の傍らに [大洋図書]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
いつも君の傍らに [大洋図書]
販売日 2018年04月15日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数210
ジャンル
ファイル容量
203.02MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

奏亜希子短編集「いつも君の傍らに」が電子書籍になって戻ってきました。
感じると漏らしてしまう敏感な女の子、剃毛プレイ、ちょっと変わった性癖を持っているHな女の子達の漫画13本が掲載されています。

「恋心」…小さい頃、仲が良かったお隣の女の子・美紀にいきなりキスされて、それ以来彼女を意識して前と同じように接する事が出来なくなってしまった正一。
ある日家に帰る途中、泣いている美紀を見つける。放っておけずに慰めていたら、再び美紀に迫られて…?!

「大事なヒト」…恋人の千歳が最近おかしい。
気になって彼女を問い詰めたら泣きそうな顔をした後、服を脱ぎだした。
不思議に思って下を見ると、その下半身には大人用のオムツが…
「隠しててごめんね…私…ずっとシンちゃんに大きいのもらしてるとこ見てほしかったの…そういうのが好きなヘンタイなの…」
そう言った彼女は恍惚の表情を浮かべながら、お尻の穴からの排泄物を勢い良くオムツの中にぶち撒けた。それを見た僕は…!

「さまーしぇーぶ」…彼女の美香はエッチな事が大好き。
休日の度に僕の家に来てセックスしようとねだって来る。
今日も寝起きにねだられたので、身支度して髭をあたっていたら、
ひげそり用のシェーバーに興味を持ったらしく、それでアンダーヘアを剃ってみたいと言い出した。
手伝って欲しいからと風呂場に引きずり込まれ、
足を大きく開いて「どうしよう?」という目でこっちを見てくる。
今日は剃毛プレイがご希望のようだ。

「例えばこんな気持」…社員旅行の宴会をこっそり抜け出した田村。
一人でのんびりしようと夜の露天風呂を堪能していたら、女性の鼻歌が聞こえてきて、
ふと見たらそこには憧れの先輩、夕香がお湯に浸かっていて…!

その他、電車の中で、夜の海で、可愛い女の子達が感じて喘ぎまくっています。
奏亜希子の短編集「いつも君の傍らに」210ページ、是非ご堪能ください。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン