({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
}
  • Life Is Peachy? [茜新社]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
Life Is Peachy? [茜新社]
著者 鬼束直
出版社名 茜新社フォローする
レーベル TENMA COMICS LO
販売日 2016年07月09日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数181
ジャンル
ファイル容量
88.82MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

COMIC LO誌上でラブラブ漫画No.1の鬼束直、待望の初作品集!!
ロリ好きの方にもそうでない方にも、この「愛のカタチ」はオススメです!

収録作品
「Talk About」
「Lady Madonna」
「PMじゅういちじ」
「これだから愛ってやつぁ」
「コットン・テイル」
「Saturday night leisure」
「Talk Show On Mute」
「ツカサとツバサ」
「Sick Sad Littele World」
「犬とお嬢様」

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

日常/生活(2)
少女たちの最高の語り部の最初期の姿

2019年02月14日  

作家買いをしてしばらく経っていましたが、DLSite様の紹介文で
ようやく初作品であることに気づかされました。
「おや、絵柄が今と少し違うな」と思っていましたが道理で、ということでしょうか。

作品も、日常感、等身大であるがためにひと際その体温や心をとてつもなく
感じ取られるという鬼束先生の基本は既に存在していますが、
物語が中心のためにどういうエッチだったか印象が薄い、女の子が
いじめられて号泣するシーン、おもらしだけで性行為はなし、
ほぼ全員着衣のために彼女たちの自然体やありのままというのが
ちょっと伝わらないと私の主観ではありますが消化不良な点はあります。

ですが、少女たちの可愛さ、願望や気持ちをありきたりではない形に伝える妙など、
例えようのない喜びを感じさせてくれます。
この時期の絵柄が女の子たちの素朴さをかえってくっきり表現して
いるような感じもします。

大好きな鬼束先生の今までの軌跡に心から感謝し、これからの
ご活躍に期待し、絶対これからも全作品購入を約束します!

報告する ]

”匠”という言葉が、読んでいて浮かんでくる一冊。

2016年07月09日   人気レビュアー:1位 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

王道のストーリーに、素朴さを感じさせるシンプルな絵柄
が、初作品集で、既に、”鬼束直”先生の”立ち位置”を確立
している”凄み”を読み手に与えます。
印象的な収録作品は、年末、部屋の掃除に忙しい兄のため、
飲み物を準備していた、物静かな妹のヒロイン。彼の部屋
でみつけた本の内容に・・・・な「Talk Show On Mute」。
ヒロインの表情を繊細・丁寧に描写しているので、彼女の
心情面が手に取るように分かります。表現力の”巧みさ”が
キチンと下支えしている作品でした。
派手なパフォーマンスで惹きつける、というよりも、積み
上げる、かの様な丁寧な作画により、完成度の非常に高い
作品が産みだされる・・・という印象を”鬼束直”先生に持
ちました。”匠”という言葉が読んでいて浮かんでくる一冊。

報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。