({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年03月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数18
ジャンル
ファイル容量
13.8MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

美森(みもり)は中年男性の性器を勃起させようと口で一生懸命ご奉仕していたが、
どうにも元気にならなかった。すると聞こえるインターフォンの音。
頼んでたのが来たみたいと美森が言うと中年男性は申し訳なさそうな顔で美森を見るが、
彼女は今届いたアレを試してみればきっと元気になると言い玄関に向かう。

美森は首輪を付けたままスカートをはかずにパンツ丸出しで宅配便を受け取りに出た。
配達員は当然ギョッとするがそんな彼をよそに荷物を確認する美森。
彼女の後ろ姿を見てこんな若いのに彼氏とのプレイ中なのかと配達員があっけにとられ身体を見つめていると、
美森は電器製品? こんなの頼んだかな? と料金を払う前に中身を確認してしまう。
配達員が戸惑っているとなんと中身は太めのバイブだった。
こんな太いの入るかなと言いつつ、ちょっと試させてくださいと
配達員の前でバイブをいやらしく舐めまくる美森。

呆然としている配達員に見せつけるように美森はパンツの上からバイブオナニーを始め、
続いて性器に直接バイブを当てるが、膣内に入れると見せかけて途中でやめてしまう。
期待させといて結局入れないのかと配達員が思っていると美森は、
このバイブ…ココの奥に入れてもらえますか? とアソコを拡げて配達員にお願いする…。

「コミックグレープ Vol.12(BJ052721)」に掲載されている作品です。


「コミックグレープ Vol.12(BJ052721)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?