({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年08月01日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数18
ジャンル
ファイル容量
11.1MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

満員電車内で中年男性に痴漢される制服姿の小百合(さゆり)。
されるがままの小百合だったが、執拗な攻めに思わず「お父様ぁぁッ!!」と声が漏れてしまう。
そう、小百合を痴漢していたのは実の父親だったのだ。
周りの乗客がギョッとしていると、父親はこれは我が家の躾と説明する。
いつもは屋敷の広間で使用人の前でお仕置きしているが、
今回娘がした事に対してさすがに腹に据えかねたと語る父。
父親に体をまさぐられながらどんな悪い事をしたのか皆さんに説明しなさいと言われた小百合は、
父親のいいつけを破り父親が留守の一週間、してはいけないといわれたオナニーをしてしまった事を乗客に説明する。
どうという事のない理由に乗客が唖然としていると、
父親に謝りながらも一週間もガマンするなんて無理と小百合はつぶやくが、
その言葉を聞いた父親は口答えするんじゃないと怒鳴り更に小百合の股間にペニスを擦り付ける。
小百合を激しく責めたてながら、周りの乗客によろしければどうぞと伝える父。
彼は娘とセックスする事はもちろん好きだが、
娘が他の男に嬲られているところを観るのもたまらないという変態なのだった。
二人の様子を見て刺激された周りの乗客は、促されるままいきり勃った性器を小百合の前に突き出す!!

「コミックグレープ Vol.3(BJ041629)」に掲載されている作品です。

注意事項

「コミックグレープ Vol.3(BJ041629)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「満淫痴漢電車 ~お嬢様の躾は中出しで~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件