({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年08月17日
シリーズ名アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~(単話)
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数31
ジャンル
ファイル容量
11.92MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

最強の女、陥落!? 強制操作の悪夢は遂に佳境へ――!
止めどない快感の連続で、精神崩壊寸前の極悪絶頂ステージ突入!

電車内での凌辱痴漢プレイで、男たちに散々弄ばれた最強の女・アリサ。
総合格闘技を習得しているアリサだったが、
キモオタ・鎌田の強制スマホの力によってその身を拘束される。

「ボクに触られた部分はすべてバイブで触られたような振動を感じる」

露わにされたアリサの豊満な乳房。
その先端に鎌田の指が触れた瞬間、体中を駆け抜ける電流のような感覚がアリサを襲う!

「アカン! もうアカン!!」

忌まわしい快感がアリサの感覚を麻痺させ、体は不規則に脈を打つ。
強制操作によりイケない体にされてしまったアリサの体に、
休む間もなくその指を這わせ、残酷な絶頂の寸止めを幾通りも味わわせる鎌田。

「せっかく最強の女をオモチャにできるんだ…徹底的にやろうじゃないか」

1時間、2時間と異常なまでの凌辱タイムは続き、ついにエクスタシーの最後の扉が――!!

女格闘家とキモオタ男、交わるはずのない男女が交錯する先は――。
帝王・クリムゾンが放つ至高のエキセントリックエロス、注目の第9話!!

「マガジンサイベリア Vol.054 (BJ026350)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.054 (BJ026350)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~【第9話】強い女を極限まで追い込む実験」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件