({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

母の形見の印籠を受け継いだ少女、美由樹の前に、
突如くノ一たちが現れた!
黒髪の冷静沈着な頭目、薊。
淫術に長けた年上のチャイナドレス美女、緋冴。
動物使いのおかっぱロリ少女、ホタル。
美由樹を「主」と認め、臣従を誓う時代錯誤な三人が、
優等生少女の日常を掻き回す。
さらに、これまでは一人寝に火照る身体を
寂しくバイブオナニーで慰めていた美由樹を満足させるべく、
くノ一ならではの淫らな「ご奉公」まで開始して…!?
ローションを使った愛撫に性感帯を揉みほぐされ、
さらに薊の巧みなクンニに悶え狂わされるレズプレイの夜。
くノ一たちのハーレムに身も心もとろかされていく美由樹だが、
実はくノ一たちにはある目的が……。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「くノ一夜伽話 この印籠が目に入らぬか?」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件