({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
}
  • ブラックキャッツ 真夜中の退魔師 [キルタイムコミュニケーション]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
ブラックキャッツ 真夜中の退魔師 [キルタイムコミュニケーション]
販売日 2010年02月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数258
ジャンル
ファイル容量
5.79MB

作品内容

半妖怪の血をひくネコミミ少女ハルカ。封魔術を巧みに操るセクシー退魔師涼子。
彼女たちはそれぞれ卓越した能力を発揮しながら、二人で協力し合い、
人を襲う妖魔を封じていた。あるとき、そんな退魔師たちの周りで謎の婦女暴行事件が
多発する。被害は日に日に増え、ハルカの親友までもが事件に巻き込まれてしまう。

怒りを露わにする猫又少女と事件解明に努める女豹美女は、
ついに真犯人である淫魔ジルを追いつめる。しかし、ジルの策略によって、
淫魔蟲を胎内に孕ませられ擬似的妊娠を強いられたハルカたちは、
肉体を極度に発情させ淫魔に操られた
学園生たちに嬲り尽くされてしまうのだった。

自らの巨乳から母乳を噴き出しパイズリを強要される涼子。
アナル責めの快感の虜とされるハルカ。
2人は淫魔蟲による疼きに耐えながら精液をぶっかけられ、
クラスメートと触手によって果てなき調教快楽の餌食とされる

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

蟲を子宮に宿され → 輪姦 → 成長した蟲を出産

2010年05月20日   人気レビュアー:3位

レビュアーオススメ!

猫又の女子校生・月島ハルカと、退魔師・九重涼子がヒロイン。ハルカは、真の姿は猫又ですが、ふだんは耳も尻尾も隠して生活しています。まだ処女で、さらにパ○パン。
 ハルカはパ○パンであることを相当気にしていて、妖術師(龍堂)に拘束されてパンティを剥ぎ取られ、パ○パンであることを嘲笑されたシーンでは、「猫又であることの次に暴かれたくなかった秘密」とのこと。
 涼子は巨乳&巨尻のむっちりした肉体を持っていて、非処女。

 自分を襲ってきた妖術師や淫魔(ジル)を倒し、一安心だと思って学園生活を送っていたのに、急に体がうずいて、オナニーしたくてたまらなくなるハルカ。つい学園内でオナニーしてしまいますが、異変はこれで終わりません。ハルカを心配して集まってきた女子校生たちが欲情して、ハルカを押し倒してレズプレイ。ここで友人たちにもパ○パンであることを知られ、さらに耳&尻尾まで暴露してしまいますが、友人たちは怖がらず「可愛い〜」といいながら、さらに『尻尾を尻穴にねじ込む』=アナル責めをしてきます。

 これらの異変はすべて、妖術師や淫魔との闘いの中で、ハルカが気づかないうちに子宮に送り込まれていた『淫魔蟲』が原因。『淫魔蟲』がハルカおよび周辺の男女を欲情させていたと判明。さらにハルカを助けに来た涼子の子宮にも、すでに淫魔蟲は送り込まれており、ハルカ・涼子はそれぞれ男子校生たちに輪姦されてしまいます。非処女の涼子といえどもアナルSEXは未経験で、無理やりの尻穴挿入に喘ぎまくる姿にハァハァ。さらにその巨乳からは母乳も噴出し、男子校生たちが大喜びで搾乳w

 最後には、涼子、ハルカの順番で、子宮内で大きく育った淫魔蟲を『出産』してしまいます。なお、ハルカのほうが涼子より小柄であるにも関わらず、大きな蟲を出産。産後の 涼子とハルカの反応にもハァハァさせられました。

報告する ]

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン