({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
}
  • 団鬼六原作劇画集成2 [松文館]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
団鬼六原作劇画集成2 [松文館]
販売日 2009年10月03日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数209
ジャンル
ファイル容量
51.7MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

劇画篇……小さな温泉街を縄張りにする小谷一家のところに、東京の吉岡組が流れ込んできていた。
ストリップ小屋を作る目的で、古川の老舗和菓子屋を博打で巻き上げ、
美人妻の静江と娘の加代を追い出してしまった。

細々と屋台を出していた静江だが、吉岡組に嫌がらせを受け、屋台を壊されてしまう。
見かねた緋桜一家のお艶が助けに入り、吉岡等と戦うが、静江が捕まり辱められた。

助けに向かったお艶も捕らえられ、痛ぶられるのだが、小谷の一物を噛み千切り、吉岡も斬り殺す。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

さすが鬼六

2010年09月09日   購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

団鬼六作品なので購入しましたが、期待どうりの作品でした。縛り、いましめ、鬼六さんの右にでる者はおりません。
笠間しろうさんの挿絵も実に味がありますね。お艶さんがいかされる所は、興奮しました。
欲云えばお艶もう少し責めてもらいたかったですね。

報告する ]

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン