({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 射精妨害拷問 [Gradual Improvement]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
射精妨害拷問 [Gradual Improvement]
販売日 2019年09月15日
シリーズ名G博士の研究精果
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数66ページ
ジャンル
ファイル容量
1.13MB

作品内容

G博士の元に、新たな性的拷問のシステム開発依頼が舞い込んだ。

 そこでG博士は、『ドライ』と『ウェット』の概念をヒントに『射精妨害拷問』という新たな性的拷問の理論を考案した。
 被験者を積極的に射精に導くべく、強制的に強い性的快感を与え続けながらも、射精を引き起こす筋肉の動きを妨害して射精に至らせないようにし、被験者を延々と絶頂レベルの状態に置きながら性的快感を無理やり付与し続けるという究極の超越快感地獄である。

 実用段階はまだまだ先の話になるが、理想的に事が運べば被験者の外傷をほぼゼロに出来、物的証拠が残らないという優秀な性的拷問システムとなる期待が持てるため、さまざまな可能性を探るべく、開発初期段階に人体実験を行うこととし、体力も性的にも優秀なG博士側近の助手、蔵木と群星(むるぶし)にその被験者となることを依頼したのだった。

約18K文字、A6文庫サイズPDFで66Pです。
(体験版では22ページまでご覧になれます。レイアウトの確認等にご利用ください。)

同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。